脳が感じる幻の痛み

昨夜、忠犬ハチ公の番組を見ようとなにげなくテレビをつけたら、
NHKスペシャルで腰痛の特集をやっているのが目についた。


ドライブのあと急に腰の激痛に襲われ病院にかけこんだという男性が診察台でエビになっていた。
超音波画像で患部を診ながら医師がくっついた筋肉(膜?)の間になにやら薬液を注射すると、
くっついていた筋肉がみるみるはがれ、即効で痛みが消えた男性は恐るおそる起き上がり、
「!!?? 痛くないです」と、キツネにつままれたような顔になっていた。笑


忠犬ハチ公に後ろ髪を引かれながら、チャンネルを変えそびれ最後まで見てしまった。
白猫も前に何度かぎっくり腰になったことがある。痛くて寝返りを打つのもやっとこさ。
顔を洗うのもトイレにすわるのも恐るおそる。治るのに一週間くらいかかった。


急性の腰痛は日にち薬で治るが、慢性の腰痛はなかなか治らない。
原因がわからない腰痛も多いらしく、画像でなんの異常もないのに、
痛くて起き上がるのもやっとの患者さんが出ておられた。


番組によると、幻の痛み=心因性の痛みというのがあるらしい。
上記の患者さんの場合、脳が痛みを感じているということだ。


患部から脳に痛みの信号が伝わる → 痛いと感じる。
悪いところが治る → 痛み信号ストップ、痛みがなくなる。


というのがふつうだが、治っても痛みの信号が止まらない人がいるらしい。
痛みの信号を止めるのは脳にあるアベソウリ(白猫仮称)という箇所だと言う。
アベソウリから痛み解除の指令が脳民に出されない限り、いつまでも痛みは続く。


腰痛が慢性化している人は、そのアベソウリが弱ってる人が多いそうだ。
アベソウリを弱らせる原因が「恐怖〜腰痛がこわい」だと言っていた。
番組で慢性の腰痛持ちの方々にある実験をしてみたら、
半分以上の人の腰痛が改善されたそうだ。


実験1は、腰痛はこわくないという趣旨の動画をいくつか繰り返し見てもらう。
実験2では、医師の指導のもとに上体を後ろにそらす動作をしてもらう。


動画を見ただけで改善した人が30%台もいたのには驚いた。
腰をそらす動作は腰痛がある人にとってはこわい動作だが、実際にやってみると、
だいじょうぶだったという体験を重ねるうちに自信がついて、
どんどん動かすのが楽になり、痛みが消えたと言う人がいた。


同じ介護施設で働いている介護士の男性と看護師の女性が取材に応じておられた。
女性は痛みだけでなくしびれもあって、日常生活がかなりつらそうな感じだったが、
腰をそらす動作を毎日続けるうちに、痛みばかりかしびれもほとんど感じなくなったとよろこんでいた。
最初は痛そうに顔をしかめていた介護士の男性も、毎日動作を続けるうちにサポーターなしでも
仕事ができるようになったと、余裕の笑顔で話されていた。


上記のような心理的アプローチによる治療法を(認知)行動療法と言うそうだ。
海外ではカウンセリングなどと共に、とりいれている病院も多いそうだが、
日本でとりいれている病院はまだ少ないとのことだ。


番組を見て思ったことは、腰痛だけでなく慢性の痛みのなかには、
脳が感じる幻の痛みがほかにもあるのではないかということだ。


幻であるかはともかく、痛みを怖がるとよけい痛く感じるというのはある。
苦痛の原因は痛みそのものより、痛みに対する恐怖なのかもしれない。
[ 2015/09/24 15:08 ] 心と体 | CM(2)
  • EDIT 

  • スキンケアで汚肌になる?

    最近読んだ平野卿子さんの『肌断食〜スキンケア、やめました』
    という本の内容が衝撃的だったので紹介したい。


    化学物質でつくられている化粧品は肌に悪いのは知っていたが、
    スキンケア用の基礎化粧品も肌に悪いというのは知らなかった。


    白猫も洗顔したあとは保湿のため化粧水くらいはつけているし、
    気になるところだけ薄くオリーブオイルか馬油を塗っている。
    なにもつけないと乾燥してシワになると思っていた。


    かたや化粧水をつけたところで内部まで浸透しているのだろうかという疑いもあった。
    皮膚には汗や皮脂を排泄する働きがある。化粧水がそんなに簡単にしみこむものだろうかと。
    が、広告やCMでは美容成分がお肌に浸透してきれいになると言うイメージを喧伝している。


    浸透させるにはカラクリがあった。まず界面活性剤で自前の肌のバリアを破壊してから、
    ヒアルロンなどの保湿成分をしみこませるのだそうだ。しっとりお肌のできあがり。
    ツヤは合成ポリマーという化学成分で肌をコーティングしてるだけだそうである。


    文中で、たしかにスキンケア用品を使うと、きれいになったように「見える」と平野さんも言われている。
    平野さんはもともとお肌がきれいなかただったそうだが、医療用のマイクロスコープで診てもらったら、
    キメがまったくなくなっており、医師から「うわぁ、傷んでますねぇ」と驚かれたそうだ。


    スキンケアをやめてどうなったかと言うと、最初は皮がむけて見た目はひどくなったそうだ。
    ほんとになにもしないでいいのか不安になったことが何度もあったそうだが初志貫徹、
    キメはすっかり回復して本物の美肌に。シミ、シワが減り、法令線が薄くなり、
    アゴのラインもすっきりしたと書かれていた。


    見落としがちなのがクレンジングと日焼け止めで、これも肌にかなり悪いらしい。
    白猫は洗顔はせっけんで、日焼け止めはオイルフリーで紫外線吸収剤の入っていないものを使っているが、
    平野さんによると、日常生活で浴びる紫外線くらいだったら、日焼け止めなしで素肌におしろいか、
    パウダーファンデーションを塗るだけで充分だそうだ。ただし日傘や帽子は必須。


    ちなみに平野さんは、スキンケアはやめてもメイクはときどきされてるそうだ。
    ふつうにメイクした日の洗顔は純せっけんで、ノーメイクの日は水洗いだけとのこと。


    お金と時間をかけて、肌を傷めてたなんて。
    この本を読むと、ほとんどの女性が愕然とするはずだ。


    ここに書いたことがウソかほんとか、ぜひ、ご自分の目でたしかめていただきたい。
    平野さん (1945年生まれ) のインタビューが YouTube にあった。



    [ 2015/09/14 21:20 ] 心と体 | CM(4)
  • EDIT 

  • 怒りの根底にある悲しみ

    「ネコが合わない夫婦」にも書いたのだけれど、相方は無口であまり人と話をしたがらない。
    慣れたとは言え、話しかけても返事がないと無性に腹が立つこともある。
    聞こえない場合はともかく、意図的にだまりこまれると激昂してしまう。


    怒りは他人はもとより自分をも傷つける。なんとかならないものかと思い、
    話しかけて返事がないと、なぜ腹が立つのか自己検証してみた。
    すると以下のようなことがわかった。




    返事がないと腹が立つのはなぜか?

              ↓

    無視された気がする。無視されたら腹が立つのはなぜか?

              ↓

    軽んじられた気がする。軽んじられたら腹が立つのはなぜか?

              ↓

    自分はだいじにされる価値がない、愛される価値がない。




    自分で書きながら、こんなことを感じていたのかと驚いた。
    さらに突き詰めてみると、怒りは悲しみが姿を変えたものだった。


    悲しみのなかには、不安、寂しさ、無力感、見捨てられた感じ、途方に暮れた感じなど、
    いろいろな感情が混ざっていた。たぶん子どもの頃に感じていた感情なのだろう。


    子どもの頃、両親は共働きだったので一人で留守番することが多く、
    夜は残業で9時くらいまで帰ってこない日もあった。仕事だとわかっていても子ども心に寂しかった。
    愛されてなかったかと言うとそんなことはなく、娘一人で両親には可愛いがられて育った。


    それなのに、家で一人にされたことが、どうして、見捨てられた感覚につながるのか。
    大人の自分には理解できない気もするが、子どもに限らず感情とはそういったもので、
    頭がなんと言おうと感じるものはしかたがない。


    子どもがよく母親の言うことを聞かず、駄々をこねている場面を見かけるが、
    人目を憚らず大声で泣ける子どもはまだいい。泣いたカラスは笑えるからだ。


    ちなみに相方も幼い頃に父親を亡くし、母親が働きに出なければならず、
    一時、親戚の家に預けられるなど、寂しい幼年時代を過ごしたそうだ。


    子どもの頃に感じた否定的な感情が、大人になっても癒されないままに、
    人生に暗い影を投げかけているのだとしたら、こんな不自由なことはない。


    心理学の用語にインナーチャイルドと言うのがあるが、
    私達の心のなかには傷ついた子どもがいまも生きていて、
    その存在に気づいてほしくて泣いているのかもしれない。
    白猫メルヘン「インナーチャイルド」



    はたして、気づいたことで今後の自分の対応が変わるのか。自己検証を続けたい。
    検証のやりかたは、こちらのブログ記事を参照させていただきました。
    [ 2015/06/14 14:19 ] 心と体 | CM(2)
  • EDIT 

  • 目の体操で視力アップ

    最近、目の調子が悪くて悩んでいる。視界を黒い糸くず状のものがウロウロし、
    視線を動かすと薄い雲のような影がよぎることもある。飛蚊症だ。

    加齢によるものなので慣れるしかないが、うっとおしくてたまらない。
    なんとなく視力も落ちてきた気がするので、これ以上目が悪くならないように、
    ルテインを飲んだり、目を温めたりしているが、いまのところあまり変化はない。

    小学校4年生で仮性近視になり、あれよと言う間に度が進み、いまでは両目とも
    裸眼視力は、0.03くらいしかない。おかげで老眼は軽くてすんでいる。

    パソコンもあまり見ないほうがいいのだが、長年の習慣なのでなかなかやめられない。
    視力をよくする方法でググってみたら、よさそうな目の体操が動画で紹介されていた。
    簡単なのでやってみようと思う。目の悪いかた必見。


    [ 2015/03/22 06:51 ] 心と体 | CM(4)
  • EDIT 

  • イテテッな師走

    先月はいつになく忙しかった。神戸に行ったり大阪に行ったり。
    奥歯の詰め物がとれて歯医者に行ったり。
    たしか去年も同じことを書いていた。笑


    月が変わってようやく落ち着いたと思ったら、
    こんどは左目の視界にブンブン蚊が飛び交うようになった。飛蚊症だ。
    さらに暗いところで光が見える症状が(光視症)が出てきたので眼科に行った。


    眼底検査の結果はセーフ。後部硝子体剥離と呼ばれる症状で、いまのところはだいじょうぶだが、
    硝子体が網膜からはがれるときに網膜が破れ穴があくことがあるので要注意とのこと。
    放置すると網膜剥離になることもあるらしい。


    硝子体とは目の玉の中身にあたるゼリー状の物質で、ここに濁りが生じると飛蚊症になる。
    硝子体がはがれるときに網膜がひっぱられ、その刺激が光として知覚されるのだそうだ。


    トシをとると硝子体が縮んでなることが多いらしい。ですな。
    クリスマス前とは言え、目のなかにイルミネーションとはね。とほほ。


    五十肩のおまけが付いて、からだも出費も「イテテッ」な師走となった。
    [ 2014/12/08 23:30 ] 心と体 | CM(0)
  • EDIT 

  • 喉のイガイガ、意外な原因

    春からずっと喉の調子が悪く、耳鼻科で診てもらっても原因が特定できず困っていました。
    症状は喉(左一部分)のイガイガと乾燥感、痰が絡む、声がれ、就寝中に咳が出るなどです。


    耳鼻科でもらったアレルギーの薬や逆流性食道炎の薬をのんでも効果がなかったので、
    漢方薬やササヘルス (笹の葉エキス) なども試してみましたがすっきりしませんでした。


    その後、風邪を引いたのがきっかけで喉のイガイガが悪化、左側だけ鼻水が3週間くらい止まらず、
    原因をネットで調べまくってたら、後鼻漏 (こうびろう) →上咽頭炎というワードに行き着きました。


    後鼻漏とは鼻水が前でなく喉のほうに流れ落ちる症状で、喉や気管の粘膜にへばりついた鼻水 (粘液) が
    イガイガや咳の原因というわけです。さらなる原因として副鼻腔炎(蓄膿症) や上咽頭炎があげられてました。
    喉から下が悪いとばかり思ってましたが、元の原因は鼻とその奥の上咽頭だったとは目鼻からウロコです。


    上咽頭とは、のどちんこの裏の上あたり、Bスポットと呼ばれている部分です。
    耳鼻科でも見落とされがちなところだそうで、ファイバースコープで見ただけで
    炎症があるかどうかを判断するのは医師でもむずかしいそうです。


    ちなみに上咽頭には免疫システムや自律神経のツボがあるらしく、ここに慢性的な炎症があると、
    体のあちこちに様々な不調が起きてくるそうです。「なるほど」と思い当たるフシがありました。


    これはしっかり治さねばと、調べていて見つけたのがこの本です。



    鼻うがい



    著者は腎臓内科の専門医で、長年IgA腎症の患者さんを診ていて腎臓病と慢性上咽頭炎との関係に気づき、
    患者さんにBスポット療法というのを試してみたところ、多くの患者さんに効果があったと言うことです。


    塩化亜鉛という薬を上咽頭に塗るだけの簡単な治療法ですが、やっている耳鼻科は少ないそうです。
    学会で認められなかったマイナーな治療法であることと、治療代が数百円と安いからかもしれません。
    (京都でやってる耳鼻科はこちら)


    本には上咽頭炎の詳細ががマンガで説明されていてわかりやすく、
    鼻うがいをはじめ自分でできるケアが色々紹介されていました。


    鼻うがいは前からやってましたが、今回は耳鼻科でもらったアズレンのうがい薬を使ってみました。
    本に馬油のことが書いてあったので、うがいのあと液体の馬油を点鼻することを思いつきました。


    馬油は火傷や切り傷、アトピーなど皮膚病全般に使われる昔からある民間治療薬です。
    添加物のない馬油なら口に入れても安全なので口内炎にも使えます。


    使い始めて1週間くらいすると鼻水は止まり、声がれや咳もほとんどなくなりました。
    イガイガもあまり気にならなくなりましたが、慢性の上咽頭炎は体質的なものもあるそうなので、
    完治させるのはなかなかむずかしいようです。(精神的ストレスもよくないらしい)


    鼻うがい(ビオフェルミンうがいもよし)、吸入(美容スチーマーで代用)、なたまめ茶などなど、
    いろいろやりながら気長にケアしていこうと思ってます。


    白猫と同じような症状でお悩みのかたの参考になれば幸いです。
    [ 2014/11/09 19:45 ] 心と体 | CM(2)
  • EDIT 

  • 心を癒すシンギングボウルの響き

    波の音や小川のせせらぎなど自然の音を聞いていると気持ちが穏やかになりますが、
    それ以外にも、お寺の鐘の音なども聞いてると気持ちが鎮まるような気がします。
    鐘を突いたあと、音が消えていくまでの微かな余韻に耳を傾けるのが好きです。
    心に響くという表現がありますが、音は振動なので文字どおり心に響きます。


    音の癒しとでも言いますか、最近よく耳にするシンギングボウルにもそうした効果があるそうです。
    本来はチベットの密教法具ですが、最近はヒーリングなどにも使われているようです。
    生の音を聞いてみたいと思い、小さいのを一個買ってみました。直径は14cmです。


    P4225878.jpg


    鳴らしてみると、「ワンワンワン」と重なるような音、と言うより響きが空間に拡がります。
    倍音と言うそうです。スティックを叩く力の加減や角度によっても音色が変わり、
    スティックで縁をこするとまた違った響きが立ち昇ってきておもしろいです。
    てのひらにのせて鳴らすと振動が直に手に伝わってくるのがわかります。


    実際の音はこんな感じ


    連休は新緑の下でシンギングボウルを楽しみたいと思います
    [ 2014/04/26 06:39 ] 心と体 | CM(2)
  • EDIT