ぼくの四次元

        悲しみのむこうに 隠れてる
        苦しみのむこうに 隠れてる
        目には見えない 真実がある


        メビウスの輪のように
        表もなく裏もない
        

          悲しみが
          苦しみが
          幻の蝶になる

        
        闇の中から 光が生まれる
        人には見えない ぼくの四次元
[ 2005/04/29 17:40 ] | CM(0)
  • EDIT 

  • 天国と地獄

    昨日に続き今日も暑い一日だった。
    テレビを見ると、海外旅行に出発する家族の楽しそうな様子が映っていたが、一方ではJR脱線事故の遺族の悲しみにくれる姿が報道されていた。そこには天国と地獄ほども違うそれぞれの現実がある。私も病院にいた頃は、外の世界と隔離された非日常的な現実を生きていた。朝、目が覚めるのが辛いだけの毎日だったけれど、いまになって思うと、土のなかで種が育つように魂のレベルでは深い体験ができたと思う。

    こちらの世界から見ると、死は悲しいだけのものだけれど、あちらの世界から見ると、死はひとつ上の次元への旅立ち、魂の解放であるのかもしれない。人生に偶然はない。魂のレベルでは死もまた、それぞれの選択なのだろう。亡くなった方々のご冥福をお祈りします。
    [ 2005/04/29 17:38 ] つれづれ | CM(0)
  • EDIT 

  • にぎやかなしっぽ

    最近ミッキーさんのしっぽがにぎやかである。どこかの植え込みにもぐり込んでいるのか、枯れ葉をいっぱいつけて帰ってくる。毛にからみついてなかなかとれないが、本人は?気にしてないみたい(笑) 目の上の皮膚病も治っては再発を繰り返し、なかなか完治にいたらない。たぷん家のストレスも影響しているのだろうと思う。

    昨日はよその猫にかまれたのか、左耳に血がにじんで痛そうだったが、軟膏を塗ったら治ってきた。この近所は猫の人口密度?が高いので、猫関係のトラブルも多いのかも。猫の町内会があったりして(笑) 今朝はヒゲに爪ヨウジみたいな枯れ葉が一本ついていて、木枯らし紋次郎みたいだった(^▽^) ミッキーさんがいるだけで、心がほっとするよ。いつも癒しをありがとう。
    [ 2005/04/28 19:32 ] ミッキー | CM(0)
  • EDIT 

  • たんぽぽ

           春の晩
           星の子たちが
           こっそり
           野原に降りてきた

           そろそろ
           おうちが恋しいか

           ふうわり
           白い綿毛になったら
           もうすぐ
           お空にかえれるよ
    [ 2005/04/27 17:43 ] | CM(0)
  • EDIT 

  • 嵯峨野へ 

      窓近き 竹の林は 朝夕に 心をみがく 種とこそなれ


    久しぶりに直指庵を訪ねてみた。
    突風と雷雨のあとで人影もなく、そこはまさに癒しの空間だった。
    竹の葉がさわさわと風にそよぎ、ぽつりと落ちる水の滴、鳥の声が耳に心地よい。
    心の内に広がる静寂を心ゆくまで楽しんだ。
    縁側でしばらく瞑想したあと、庭を散策。
    雨あがりの緑が瑞々しく、苔むした庭石が太陽光線でライトアップされ、
    幻想的な美しさを醸し出していた。風に舞い落ちるモミジにうっとり。

    「ありがとうございました」「お気をつけて」
    受付けの女性の屈託ない笑顔にほのぼのしながら、新緑の庵をあとにした。

    夕暮れの田んぼの畔道を自転車で走っていたら、レンゲの花が咲いていた。
    畑仕事をしているおばさん。散歩の犬と二人?で、なにやら物思いに耽るおじさん。
    嵯峨野ならではの光景である。
    [ 2005/04/26 18:42 ] 日記 | CM(0)
  • EDIT 

  • 箸がない!

    お昼、のり弁を買って御所で食べようとしたら、箸がない!
    うーむ困った。手づかみで食べようか。いくらなんでもそれはまずい(^^;

    買ったスーパーまで戻ろうか。遠い。

    悩んだ末に近くの休憩所まで自転車を走らせ、
    お店の人に「割り箸一本いただけますか~」とお願いしていただいた。

    紅葉の新緑を眺めながら、お弁当を食べた。
    今日は銭湯に行く時間が遅くなり、久しぶりにアロエさんにお会いしたので、
    前に話してたUFOのことを聞いてみた。

    最近は見ないそうだが、娘時代にも一度見たことがあると言う。
    虹色がかったブルーに光る円盤で、びっくりして逃げて帰ったのだとか。
    試しに夢のなかで宇宙人やUFOに遭遇したことがないかたずねてみたら、あるとのこと。

    アロエさんもきっと宇宙人の魂を持つ人に違いない。
    お仲間だ。どうりで話が合うなあと思った^^
    [ 2005/04/25 17:27 ] 日記 | CM(0)
  • EDIT 

  • 左官屋さんと

    午前中、左官屋さんがベランダのコンクリートを塗りに来てくれた。黙々と仕事をしてくれるおじさんに感謝をこめて、ビールとジュースのお土産を渡す。新しくできた物干しで猫とお昼寝。青い空に一筋の飛行機雲が走り、のんびりとした午後を過ごした。家が広いと気持ちも広やかになり、これからは自宅でも落ち着いた時間を過ごせそう。自分の努力なくして与えられたこの環境に、ただただありがたいと思うばかりである。

    落ち着いて瞑想できる環境ができたので、また瞑想を始めようかと思っている。物質的にはこれ以上欲しいものはないけれど、心の平安だけは手に入れたいと思う。なにを期待するでもなく、空の境地に遊びたい。それが唯一の私の望み。京都にもフルフィルメント瞑想の教師がいるらしい。一度メールでたずねてみようと思いつつ、TM時代のプライモーディアルサウンドのテープを聞いている。意味はわからないけれど、なんとなく落ち着くなぁ。私の前生はインドのサニヤシンだったのかもしれない(笑)
    [ 2005/04/24 18:04 ] 日記 | CM(0)
  • EDIT