御所の花色々

昔なじみのクスノキさん。木の股にすわって本を読むのが好き(^^)

五月になると白い星形の花が咲きます。いいにおいがします。

クスノキ





妖艶な枝垂れ桜。うらめしや~に見える(笑)

枝垂れ桜





宗像神社の桜とレンギョウ

宗像神社





純白の木蓮

木蓮





こちらは鼻(^^)花違い

鼻
[ 2007/03/30 07:41 ] 花便り | CM(0)
  • EDIT 

  • 「考える」のも行動のうち

    「考える」ということについて考えてみました。
    よく「考えてるだけじゃだめだ。行動しなくては意味がない」
    などと言いますよね。その言葉の根底にある価値観は


    行動力がある=優  行動力がない=劣

    ということでしょうか。


    たしかに行動しなければ目に見える成果は出ません。
    でもこれも見えないもの(考え)より、見えるもの(成果)に価値があるとする
    物質主義的な価値観のひとつではないのでしょうか。


    私は「考える」ことも行動するのと等しく価値のあること
    ではないかと思います。なぜなら「考える」のも行動のうちだと思えるからです。


    行動は肉体を使う活動であり、考えるのは脳の活動であると
    同時に精神の活動でもあります。生命活動という意味では
    目に見えるか見えないかの違いはあれ同じだと思うのです。


    考えるより先に体が動くという人は別として、普通は考えが先にあり、
    それから具体的な行動に移ります。


    たとえば他者を批判する心が行動に転化したとき、国家レベルでは
    最悪の場合は戦争になります。戦争は人の心の中から始まるのです。


    ならば、行動の動機となる精神活動こそがむしろ大切なのでは
    ないのでしょうか。いま問題になっている地球の環境破壊も
    もとはと言えば人間の行き過ぎた行動力が招いた人災のような気がします。


    「行動しなければ」


    何かに駆り立てられるように行動し続ける人々を見ていると
    永遠に車を廻し続けるハツカネズミのような印象を受けます。


    「生きている」それだけではいけないのだろうか。


    そんなふうに私はよく思うことがあります。


    花や小鳥や自然界の生き物のように、存在そのものを生きる姿に憧れます。
    動物達は必要以上に行動に駆り立てられるということはありません。


    人間も本来はそういう在り方が自然なんじゃないだろうか。
    そう思ったのは human being という言葉があるからです。
    英語で人間のことです。


    being とは「あること」「存在」という意味です。
    doing (行動)より先にあるもの、それがbeingなのです。
    だって存在していなければ行動できませんからね。


    行動するのが悪いと言ってるのではありません。
    肉体を持って生きているのだから、行動することは大切です。

    でも、人には向き不向きがあります。

    体を動かすのが好きな人、じっとしてるのが好きな人、
    外向的な人、内向的な人、病気で寝たきりの人もいるんです。


    行動することだけが生きる意味ならば、
    その人達は生きている価値がないんでしょうか。
    そんなことはないですよね。


    行動したくなければしなくてもいいんです。
    ずっと寝てたとしてもいつかは飽きますから。笑


    自然になにかしたくなるまで待てばいいんです。
    無理に行動しなくても、自分に合った在り方をすればいい。


    ちなみに白猫は行動するより寝てるほうが好きです。
    猫やから。笑
    [ 2007/03/29 07:03 ] つれづれ | CM(0)
  • EDIT 

  • 渉成園の桜

    さくら

    京都駅の近く。東本願寺さんの真東に渉成園という池泉回遊式の庭園があります。別名、枳殻邸(きこくてい)とも呼ばれています。東本願寺さんの別邸で作庭は詩仙堂で有名な石川丈山。京都の人も意外に知らないおすすめのスポットです。受け付けで寄付金の500円を納め、名前と都道府県を記入して入ります。A4サイズのカラーパンフをもらいましたが、バッグに入らず撮影するのにジャマ(笑)でした。園内は広いのであっちへ行ったりこっちですわったりしながら二時間半くらいいました。都会のオアシスです(^^)


    ぼうかかく
    傍花閣(写真後方)のあたり桜がきれいです。


    印月池
    傍花閣を右手に行くと印月池。芝生があります。


    こい
    鴨と鯉がたくさんいます。
    池のほとりにすわっていたら、
    鯉がたくさん集まってきたので
    頭をなでてみました。よしよし(^^)
    白いのが一匹います。


    京都タワー
    池の反対側から。京都タワーが見えます。


    かいとうろう
    回棹廊。池の中にある渡り廊下です。
    みんなこの上で写真を撮っていました。


    カモ
    鴨も花見カモ(^^)


    小川ほとり
    写真右側の石にすわっていたら、
    カメラを持った年配の男性にモデルに
    なってくださいと頼まれました。
    「モ、モデル (^^;」
    写真を撮ってと頼まれることは
    よくありますが、モデルは初めてです。
    思わずマスクはずしました(笑)
    [ 2007/03/28 09:07 ] 花便り | CM(0)
  • EDIT 

  • 14歳からの哲学

    14歳からの哲学?考えるための教科書


    「自分とは誰か」「他人とは何か」「死はあるのか」
    「人生の意味とは」「宇宙はどこにあるのか」
    存在の謎に迫る池田晶子さんの珠玉の哲学エッセーです。
    哲学書というより、悟りを得た人が記した「覚醒の書」
    という感じがしました。「考える」とはこういうことなのかと
    目からウロコが落ちます。深いです。鋭いです。
    後半になるほどおもしろいです。
    読むと他人や世界の見え方が変わるかもしれません。
    むろんそれを見ているあなた自身も(^_-)-☆
    「考える」のが好きな人におすすめ。
    [ 2007/03/27 14:50 ] 読書 | CM(0)
  • EDIT 

  • 無言の行で気づいたこと

    こなきじじいとケンカしてから、家庭内でしばらく無言の行をしてみました。
    挨拶と必要最少限の話以外はしませんでした。


    思ったことを口に出さないで観察していると、
    自分が何を考えているのかよく分かります。


    湧いてくる思考や感情を徹底的に見つめていると、
    相手に対して文句ばっかり言ってる自分にまず気づきました。


    「これくらいしてくれてもいいのに」
    「自分勝手、思いやりがない」などなど。


    それから、心が苦しいのは相手や状況のせいではなくて
    相手を責めたり咎めたりしている自分の心そのものが
    ストレスになって自分を苦しめてるんだと分かりました。


    そこで心の位置をニュートラルに戻す方便として、
    「自分勝手でもいい」「思いやりがなくてもいい」と
    考え方を変えてみると、心がすっと楽になりました。


    もうひとつ過激な考えを紹介します。
    「家族は仲良くなくてもいい」です。


    誤解を受けそうなので説明するとですね。
    「仲良くしなければ」と思っていると、そうでない場合、
    その考え自体がストレスになるんです。


    どんなものごとにもプラスとマイナスの両面があります。
    極端な話、仲が悪いことで得られるメリットもあるんです。
    自分勝手にできるとか、お互い干渉されないとか。


    病気もそうですよね。


    マイナスの代表例のようですけど、プラスの面もありますよね。
    重病になって人生観が変わったとか、家族の絆が深まったとか。


    マイナスの中にはプラスが、プラスの中にはマイナスが隠れています。
    だからと言って、わざわざケンカしなくてもいいですよ。笑


    「~じゃなければ」と思う心がストレスを生んでるんだったら、
    もう少し柔軟な考えに変えたら楽ですよってことなんです。


    それと、ケンカばっかりしてる仲の悪い夫婦がいますけど、
    はたから見てると「ケンカを楽しんでる」仲のいい夫婦に見える場合があるのよね。


    割れ鍋に閉じ蓋などと言いますが、仲がいいとか悪いとか一概に決められない。
    微妙なところです。


    苦しいときはどんな考えが自分を苦しめているのか、
    チェックする癖をつけるといいかもしれませんね。


    以上、無言の行から得たささやかな気づきでした。
    あ~あ 黙ってるのしんどかったぁ。笑
    [ 2007/03/26 08:16 ] つれづれ | CM(0)
  • EDIT 

  • 母 子

    子ママぁ
    白猫さんがおやつくれるって。もらってもいい~?


    母
    ママの分も残しといてね~
    [ 2007/03/23 07:06 ] | CM(0)
  • EDIT 

  • ひなたぼっこ

    ぼっこい


    ぼっころ











    [ 2007/03/22 07:12 ] | CM(0)
  • EDIT