ねぎぼうずなわたし

白猫は何事につけ淡々とした趣が好きです。
人間関係は遠過ぎず近過ぎず
感情的には熱くもなく冷たくもなく
熱しやすく冷めやすい(笑)

色なら原色よりはパステルカラー
絵なら油絵よりは水彩画
音楽ならばロックよりはエンヤ
環境の変化に弱く
生命力に乏しいかもにゃ(笑)

エネルギー的に見ると
動物よりは植物に近い感じかな
と自分では思ってます。
つまり
ねぎぼうずに近いってこと(笑)




     幸も不幸も 景色の違い

     喜怒哀楽は 流れゆく雲

     とらわれず こだわらず

     淡々と 生きてゆく

     ねぎぼうずのように

     坦々と 生きてゆく

[ 2007/05/31 08:12 ] つれづれ | CM(0)
  • EDIT 

  • 雨のち快晴

    名手



    和歌山へ。雨のち快晴。カエルが鳴いてましたよ ^^

    帰り道で見かけたねぎぼうず 玉葱



    ねぎぼうず
    [ 2007/05/30 20:30 ] 日記 | CM(0)
  • EDIT 

  • 子供の脳があぶない

    注文していたお位牌をもらいに仏具屋さんに行った。

    愛想のいいご主人が出てこられ思わず話に花が咲いた。



    最近、亡くなる方が多くてお位牌の注文がたくさんあるとのこと。

    去年は町内で五軒続いてお葬式があったそうだが、母の住んでいた

    町内でも去年から亡くなる人が相次ぎ、かかりつけのお医者さんが

    今年になって一ヶ月のうちに七人も亡くなったという話をされていた。



    高齢者が増えているからかもしれないが、ご主人の話では五十代、

    六十代、二十代の方もおられたという。





    話は変わるが、四十代、五十代の若年性アルツハイマーが最近とみに

    増えているそうだ。ご主人いわく薬の副作用が誘因ではないかと。

    アルツハイマーの正確な発症件数を厚生省が公表しないのは、

    裏に医薬ビジネスが絡んでいるからだと言われていた。



    少し前にインフルエンザ治療薬のタミフルが問題になったが、

    危険な薬を特効薬として宣伝していたのは裏にお金が絡んでいるから

    ではなかったかと思わずにいられない。



    日常的に使われているコレステロールを下げる薬や血圧降下剤なども

    副作用がけっこうあるんじゃないかと思う。

    ご主人の体験では顔の半分がピリピリ痺れたようになったり、

    意識がふっと途切れそうになったことが何度かあると言われていた。

    心臓病と脳梗塞で薬を飲んでいる叔母も同じことを言っていた。





    薬の次にあぶないのはテレビやゲームの害。

    ご主人は町会長や地域の役員をいろいろされているそうで、

    地域のゲームセンターに見回りに行ったりするらしい。

    敵の首を切ったり殺したり残虐なゲームがけっこうあって、

    子供の脳に悪影響を与えているのではないかとのこと。



    最近増えている青少年の凶悪犯罪や鬱や自閉症なども精神的な問題と

    言うより、ずばり脳の問題だと言われるご主人の意見に白猫も同感。



    以前、人気アニメのぴかちゅうを見ていた子供がけいれん様の発作を

    起こしたケースが相次いで問題になったが、テレビやゲームや

    パソコンなどから出る周波数が脳によくないという話は聞いていた。



    子供の脳は大人よりデリケートなので、なおさらあぶない。

    ご主人も子供の様子がおかしかったら脳波を調べるといいとまで

    言われていた。携帯なんかも子供には持たさないほうがいいと思う。



    世の親御さん達がテレビやゲーム機の害にあまりにも無頓着なので、

    注意を呼びかけるべくあちこちでこんな話をしていると言うご主人に

    エールを送り、私もブログに書きますと言って帰ってきた。





    ご主人の話を聞いてパソコンもほどほどにしとこうと

    思った白猫でありました(^^;



    ちなみにテレビはずっと見ていません。
    [ 2007/05/26 18:30 ] つれづれ | CM(0)
  • EDIT 

  • 室生寺

    高野山の次に訪れたのは女人高野と呼ばれる室生寺。

    単なる偶然ですけど、

    真言宗のお寺巡りをさせられている? ような、、

    不思議な気分になりました。



    室生寺仁王門





    五重の塔五重の塔





    階段

    塔から四百五十段ある急な階段を上ると





    奥の院

    奥の院に到着です
    [ 2007/05/26 10:02 ] 放浪記 | CM(0)
  • EDIT 

  • 赤目四十八滝

    高野山をあとに吉野に入り、奈良回りで帰ってきました。

    ついでに三重県の赤目四十八滝まで足を延ばし、

    最後に奈良の室生寺に立ち寄りました。

    お滝巡りは全部回ると往復約三時間かかるそうで、

    時間がなかったので途中の百畳岩で引き返しました。

    大忙し(笑)





    登山口





    シャガ





    滝





    滝アップ





    岩





    魚







    ようこそグリーンワールドへ蜂

    赤目い





    赤目ろ





    赤目は
    [ 2007/05/25 22:08 ] 放浪記 | CM(0)
  • EDIT 

  • 高野山へ

    昨日、分骨した母の遺骨を納めに高野山へ行ってきました。

    納骨供養がすんだあと、あまり時間がなかったので

    根本大塔周辺と奥の院の途中まで行って引き返しました。

    龍神温泉に寄りたかったのですが、高野龍神スカイラインが

    崩土の為通行止めになっていて、途中のごまさんスカイタワーまで

    しか行けませんでした。開通には一週間くらいかかるそうです。

    快晴で山の緑がきれいでした。道路で鹿を二頭見かけました(^^)





    金堂金堂





    奥の院奥の院参道





    水掛け地蔵水掛け地蔵





    国定公園





    護摩壇山護摩壇山眺望
    [ 2007/05/24 21:44 ] 放浪記 | CM(0)
  • EDIT 

  • 幸福が降ってくる

    かめおかゆみこさんのメルマガの読者さんで

    なんの前ぶれもきっかけもなく



    「何年もゆるせなかったひとが、

     突然ゆるせるようになった」



    「ずっとかかえていた

     わだかまりが、

     急に消えてしまった」



    とか言う方がたて続けに現われているそうです。



    かめおかさんご自身もある日道を歩いていると

    突然「すべてが完全に満たされている」という

    幸福感に包まれたことがあるそうです。



    外の出来事や環境に依存しない幸福が内側にあります。

    赤ちゃんの時はみんな生きてるだけで幸せでした。

    人間とは本来そういうふうにデザインされているそうです。



    かめおかさんが言われるように

    特別な修業をしなくとも、そんな体験ができる

    時代になってきたのかもしれません。



    人生には何が降ってくるかわからない。



    幸福はいつなんどき 誰に

    降りかかってくるかわかりません。

    そうなったら二度と不幸にはなれません。



    さあみなさん、心の準備はいいですか (^_-)-☆
    [ 2007/05/22 07:38 ] 心と体 | CM(0)
  • EDIT