無為自然





          野の花のように          

          いまここに

          咲いている

          じぶんを

          楽しむ白猫禅
[ 2008/05/31 10:46 ] ことのは | CM(0)
  • EDIT 

  • あるがままの自分にくつろぐ

    猫を見てるといつも自然体で幸せっぽくていいなーと思います。
    人間はいつもまわりに気を使い、緊張していてたいへんですね。
    あるがままの自分にくつろぐのが悟りの境地だとしたら、
    猫は間違いなく悟ってますね^^


    [ 2008/05/30 19:37 ] | CM(0)
  • EDIT 

  • 思いは重い





    着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編んでますぅ~♪



    都はるみさんの「北の宿から」にありましたよね、こんな歌詞。


    ひと針、ひと針、思いをこめて編んだセーターを好きな人に贈る。
    うーん、そんな時代がありましたね~。笑


    寒さこらえて編んだセーター、もらう側の気持ちはどうなんでしょ。
    好きな人からだったら嬉しいかもしれませんけど、
    そうでもない人からだったら、困った心境になりますよね。笑


    ちなみに白猫は手づくりの物をいただくのは、相手に関わらず
    なるべくご遠慮申し上げています。
    思いのこもったものほど、捨てられないような気がするからです。
    手紙なんかもそうですよね。捨てられなくて溜まる。


    思いにも色々ありますけど、感情がからんだ思いは重いです。


    感情は人生を豊かにしてくれる反面で、しばしば擦った揉んだの
    人間ドラマを演出してくれます。それがおもしろいと思う人は、
    この先は読まなくていいですよ。


    で、長い間、人間やってるとね、いろんな思いがどんどん溜まってきて、
    心が重たくなってくるんですよね。


    思いが飽和状態になるとウツ病になるのかも、と自分の体験から
    勝手にそう思ってます。


    セラピーやヒーリングを受けなくても、自分でできる浄化法があります。
    日々、増え続ける様々な思いやストレスになる感情、
    心を縛る思い込みや観念を手放してみませんか。


    根深い思い込みは一回では無理なので、何度でもやってみてください。
    「なにこれ~、うさん臭いなぁ」と思われた方は、
    「うさん臭い」という思いから先に浄化してくださいね。笑


    これ実際にやってみたら、心が軽くなりました。
    簡単で時間もお金もかからないのでお試しあれ。


    安達式観念浄化法


    考案者の体験談が読める電子ブック(無料)
             ↓
    「人生の創造主になる方法」
    [ 2008/05/30 17:54 ] satorix | CM(0)
  • EDIT 

  • わたし待~つわ♪

    スーパーのレジでお年寄りの後ろに並んでいた。

    店員さん
    「2,876円です」

    サイフから、おもむろに一万円札を取り出すお年寄り。

    店員さん
    「一万円でよろしかったですか」


    「はぁ?」


    「一万円でよろし…」


    「えぇ?」


    「一万円で…以下同文」(^▽^)


    「ちょっと待ってや」と言って、サイフをごそごそしながら
    1円玉を探し始めるお年寄り。


    1……


    2……


    待つ


    3……


    「待ってや」


    4……


    待ちながら「まだかぁ~」と言いたげな店員さん( ̄。 ̄)


    5……


    あと1枚!
    ほっとする店員さんと白猫(笑)


    やっとこさ顔をあげたお年寄りいわく


    「あっ、ないわ」 ゞ(_。_)ゞどてっ! 




    こんな光景、バスの中なんかでもよく見かけますが、
    イライラするのは自分の心がせかせかしているとき。
    目を閉じて深呼吸すればオーライです。

    「年寄りにはもたつく権利がある」と言った人がいましたが、
    お年寄りの動作がゆっくりなのは当たり前のこと。
    若者のペースに合わせる必要はないと思います。

    みなさんも、もたついているお年寄りを見かけたら、
    「どうぞごゆっくり」と、言ってあげてくださいにゃ^^
    [ 2008/05/29 19:41 ] 日記 | CM(2)
  • EDIT 

  • 耳のあるドラえもん




    内視鏡検査の結果を聞きにRクリニックへ。
    待合室で黄色いドラえもんを見つけた。
    写真を撮っていたら、隣に座っていたお年寄りに
    「かわいいですね」と声をかけられた。
    「耳のあるドラえもんは珍しいですね」と説明してみたが、
    ドラえもんをご存知ないのか、「ああそうですか?」と
    分かったような分からんような口ぶりであった(笑)

    ちなみにドラえもんは未来の猫型ロボットで、もとは耳がありました。
    あるときネズミロボットに耳をかじられて、ショックで青ざめ
    からだがブルーになってしまったそうです。
    だからドラえもんは猫なのにネズミが嫌い(笑)

    お若い読者さんはこの話、もちろん
    ご存知でしたよね(^▽^)


    ドラえもん「未来の国からはるばると」
    [ 2008/05/27 18:46 ] | CM(2)
  • EDIT 

  • 見上げれば猫


    今朝、外に出ると隣から猫の声。
    ベランダから見下ろすうーちゃんに
    「おはようさん」とご挨拶(^^)




    おはよー
    [ 2008/05/27 07:41 ] | CM(0)
  • EDIT 

  • 洛北の秘園







    [ 2008/05/26 17:54 ] 写真 | CM(2)
  • EDIT