箸屋の看板娘


[ 2008/09/30 08:06 ] | CM(2)
  • EDIT 

  • 出ました



    昨日から急に寒くなりました。
    おなじみの猫ベッド(あんか入り)を設置。
    ぬくぬくしながら毛繕いをするミッキーさん。
    涼しくなって老猫パワー全開(^▽^)です。
    [ 2008/09/29 20:08 ] ミッキー | CM(4)
  • EDIT 

  • 曼珠沙華



    その名にふさわしく華やかな彼岸花
    雨粒の真珠でおめかし。。(^^)
    [ 2008/09/29 11:55 ] 花便り | CM(0)
  • EDIT 

  • ミッキーさんのぼやき




    なんかさぁ、最近つくづく思うんよね、、
    後期高齢者だとかさ、年寄り、社会のやっかいもんみたいに
    扱われてさ、、長生きしてたら肩身が狭いような、、
    空気があってさ、、医療、介護にかかるお金も高いし、、
    少ない猫年金だけではやっていけへんわ、、
    なに? 後期高齢者見直します、、
    あっそう、←シャレ(笑)



    ミッキーさんが言うように、年寄り差別みたいな制度は
    やめてほしいものだと思います。
    猫社会でも、若くてかわいい猫が人気ですが、
    聡明さと存在感のある年寄り猫の魅力も見直してもらいたいものです。
    ちょい悪顔でおっさんキャラ(失礼)の猫さんのおもしろい
    ブログ↓見つけました。


    でぶねこ☆めんまさん


    ミッキーさんも興味津々で見ています(笑)
    [ 2008/09/27 07:01 ] ミッキー | CM(2)
  • EDIT 

  • ヒが去る寺



    寺町京極の御池通りの入り口を入ってすぐの所に本能寺があります。
    ええ、あの本能寺です。どの? (笑)
    町なかにあるとは思えぬ静かな憩いの場的スポットです。
    映画館に行く途中で、ちょっと寄ってみましたが、
    本堂補修工事中でした。

    本能寺は焼き打ちにあうなどして何度も焼失、その度に場所を転々とし
    天正15年、豊臣秀吉の命で現在の場所に移転されたそうです。
    二度と火災にあわないようにとの願いをこめて、
    「能」の字の右側の「ヒヒ」を、「ヒ(火)が去る」
    というふうに替えられたんだそうです。
    以降、火災にあうこともなくなったと言うことです。
    詳しくは文中のリンク先で。手抜き(笑)


    境内にあった埴輪、特に意味なし^▽^
    [ 2008/09/26 08:37 ] 京便り | CM(3)
  • EDIT 

  • おくりびと



    映画『おくりびと』を観てきました。
    人生の旅立ちをお手伝いする納棺師のお話です。
    深刻な内容なのかしらと思っていましたが、
    コミカルタッチの明るいけど泣かずにいられない、
    そんな面白悲しい映画でした。

    母のお葬式の時に本木さんくらいの若い葬儀屋さんが、
    母の遺体をきれいにしてくれた時のことを思い出し、
    感無量の気持ちになりました。
    本木さん演じる納棺の儀式は厳粛で美しく、
    なおかつ故人への慈愛が感じられるものでした。

    納得のゆく見送りができた遺族は、悲しみながらも、
    なにかしら清々しい気持ちになるものです。
    そんな見送りを援助する仕事は尊いではないかと思うのですが、
    世間の偏見はまだまだ根強いのだなあと、映画を見て感じました。
    [ 2008/09/25 07:32 ] 日記 | CM(0)
  • EDIT 

  • そうじッパ


    モコモコしてて、あったかそうなスリッパですね(^^)

    じつはこれ、歩きながら床掃除ができるスリッパなんです。
    その名もそうじッパ(笑)
    マイクロファイバー(極細繊維)が床の埃をキャッチ、
    汚れたらそのまま丸洗いできます。
    早速、履いてみました。
    歩くとこはだいたい決まってるので、部屋全体をきれいにするには、
    普通に掃除したほうが早い(笑)ような気がしました。
    右、左、右、左…スケーター歩きでもするかにゃ(^▽^)
    [ 2008/09/23 07:04 ] 未分類 | CM(2)
  • EDIT