航跡


[ 2009/01/31 09:33 ] 写真 | CM(0)
  • EDIT 

  • 鳴門海峡


    淡路島と四国を繋ぐ大鳴門橋です。鳴門市側から撮りました。


    真下に遊歩道があり、潮風に吹かれながら海上散歩が楽しめます。
    満潮と干潮の時は渦潮が見れます。




    ガラス越しに45m下の海が見えます



    こうゆう景色は京都では見れません(^^ゞ

    岬めぐりの~♪ 一曲どうぞ(^^)
    [ 2009/01/30 07:47 ] 放浪記 | CM(0)
  • EDIT 

  • 灘黒岩水仙郷


    冬の淡路島と言えば水仙。
    日本三大群生地の黒岩水仙郷の写真を撮ってきました。
    島の南部に位置する諭鶴羽山から海に続く傾斜面一体に
    500万本の水仙が花のじゅうたんを広げていました。
    水仙の香り漂う遊歩道には梅の花も咲いていました。
    ひと足早い春をお楽しみください(^^)









    バックに海を入れて


    斜めに(^^)


    梅~♪


    [ 2009/01/29 18:57 ] 放浪記 | CM(2)
  • EDIT 

  • 猫美術館たまらんにゃ




    東浦の中浜海岸にある猫美術館を訪ねてみました。
    中浜稔画伯による猫の墨絵が多数展示されています。
    中浜海岸は「淡路島・猫物語」の舞台になったところです。



            階段に猫の足跡(^^)


            撮影できるのは玄関までです


           エレベーターにも猫が





    「淡路島・猫物語」


    京に都が移る少し前のことです。
    淳仁天皇は陰謀により淡路島に流刑の身となりました。


    天皇がかわいがっていた飼い猫の「こま」は悲しみのあまり、
    来る日も来る日も鳴き暮らしていましたが、ある日、
    ご主人様の後を追って、明石の海岸までやってきました。
    海峡を泳いで渡ろうと海に飛び込みましたが、
    とうとう力尽きて海底に沈みかけました。


    もはやこれまでかと死を覚悟したそのとき、
    「こま」の体がふわりと軽くなりました。


    気がつくと、スナメリ(鯨)の背中に乗っていました。
    親切なスナメリに助けられ、「こま」は無事に淡路島に
    辿り着くことができました。


    浜に着くと一匹の雌猫がいました。
    名前は「ちよ」。天皇の母上の飼い猫です。
    島に到着した時に船から放り出され、
    足を怪我し浜で養生していたのでした。


    「こま」は「ちよ」を残し、必死でご主人様を探しました。
    そしてやっとの思いで探し当てたご主人様はすでに
    この世の人ではなく、冷たいお墓の下で眠っていました。


    生きる気力をなくした「こま」は何日もお墓の前を
    離れようとしませんでした。


    そこへ足の怪我が治った「ちよ」がやってきました。
    「ちよ」は、死ぬより亡き人の魂を慰めつつ生きることのほうが
    もっとだいじですよと「こま」を諭しました。


    「ちよ」の言葉に「こま」は生きる希望を見いだしました。
    その後、二匹は結婚して仔猫にも恵まれ幸せに暮らしました。
    めでたし。めでたし。







    2階に壁面30mに描かれた猫物語の絵があります。
    普通の絵の他にも石像や掛け軸、屏風、天井にまで猫がいます。
    猫好きにはたまらん(笑)美術館なのにゃ。
    味のある絵も絵に添えられた言葉もたまりません。


    [ 2009/01/28 23:43 ] | CM(2)
  • EDIT 

  • 日落つる


    たこフェリーに乗って


    淡路島に行ってきました


    夕暮れの明石海峡大橋と


    沈みゆく夕日です

    続きます(^^)
    [ 2009/01/27 21:28 ] 放浪記 | CM(0)
  • EDIT 

  • 日出ずる


    [ 2009/01/26 07:35 ] 写真 | CM(0)
  • EDIT 

  • 慈悲の瞑想


    お釈迦様おすすめの「慈悲の瞑想」をご紹介します。
    自分のことだけでなく、すべての生命に対する慈しみの心を育てます。
    特別な決まりはなく、いつでもどこでも誰でもできます。
    気持ちを込めて毎日唱えると心が明るくなるそうです。
    声に出しても出さなくてもどちらでもいいです。
    全文を書き出してみましたが、長いので短くしても
    最後の「生きとし生けるものが幸せでありますように」
    だけでもかまいません。気持ちが穏やかになります。
    嫌いな人の幸せも祈ってあげてくださいにゃ。んこ。





          私は幸せでありますように
          私の悩み苦しみがなくなりますように
          私の願いごとが叶えられますように
          私に悟りの光が現われますように
          私は幸せでありますように
          


          私の親しい人々が幸せでありますように
          私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように
          私の親しい人々の願いごとが叶えられますように
          私の親しい人々に悟りの光が現われますように
          私の親しい人々が幸せでありますように



          生きとし生けるものが幸せでありますように
          生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
          生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように
          生きとし生けるものに悟りの光が現われますように
          生きとし生けるものが幸せでありますように



          私の嫌いな人々も幸せでありますように
          私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように
          私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように
          私の嫌いな人々にも悟りの光が現われますように

          私を嫌っている人々も幸せでありますように
          私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように
          私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように
          私を嫌っている人々にも悟りの光が現われますように



          生きとし生けるものが幸せでありますように
          生きとし生けるものが幸せでありますように
          生きとし生けるものが幸せでありますように

    [ 2009/01/25 13:28 ] satorix | CM(0)
  • EDIT