フウの木の下で




今年も府立植物園のフウの木を見に行ってきました。
新聞にはピークを迎えたとありましたが、全体的に色が薄く
緑っぽい葉も残っていて少し早かったかと思ったくらいです。
見る場所によって色が違って見えるふしぎな木です。
近くで見ると透けるような薄いサーモンピンクですが遠くから見ると
濃いピンクに見えます。下から見上げると迫力があります。
樹齢100年だそうです。












もみじが見頃でした








番外編は



ムンクの叫び(^▽^)

[ 2009/11/30 13:37 ] 花便り | CM(6)
  • EDIT 

  • わらびーちゃん


    先日、前のブログを読み返していたら、
    わらびーちゃんのことを書いた記事が目についた。
    そう、あの『ツキを呼ぶ魔法の言葉』で有名な
    五日市剛さんの座敷わらびーちゃん。猫耳の(^▽^)
    最近ひんぱんに白猫の目の前にあらわれるので、
    「ああそうか」と思い、うちに来てもらうことにした。
    なにが「ああそうか」はおいといて、笑
    まずはわらびーちゃんを見ていただきませう。




    ・・・


        ・・・

    おっと、猫ちがい(^^ゞ
    こちらです。



    かわいっすよね(^^)

    滋賀県のすみれ工房さんに送っていただきました。
    なかに作者の岩崎さと子さんの手書きのメッセージと
    わらびーちゃんからのメッセージが入っていました。


    ほのぼのするようなメッセージですね。
    今晩は枕元に置いて寝てみよう。しゃべるかな。笑
    ふしぎな体験談は、こちらにいろいろ載ってます。
    読者のみなさんにも幸せが訪れますように(^^)
    [ 2009/11/29 12:13 ] 未分類 | CM(0)
  • EDIT 

  • 一休さんの寺



    京田辺にある一休寺を訪ねてみました。
    境内は紅葉まっさかりでした。




    参道の紅葉のトンネル


















    方丈庭園。日当たりがよく居心地よし
    茶席でコーヒー、抹茶等いただけます






    縁側に大きい猫の



    足跡があります(^▽^)



    開山堂。本堂は修復中でした。



    まんなかを渡ってね。笑






    近くにある八幡の流れ橋です。この前の台風で流されたそうです(@ @)"


    快晴でした[#IMAGE|S58#]
    [ 2009/11/27 14:39 ] 京便り | CM(4)
  • EDIT 

  • 深まりゆく秋





    あ・・



    ひら…



    …ひらひら



    秋だにゃ・・

    [ 2009/11/26 07:36 ] 写真 | CM(0)
  • EDIT 

  • 三輪車



    秋色の公園にぽつん。。

    あのこはまだかな、、

    [ 2009/11/25 07:53 ] 写真 | CM(0)
  • EDIT 

  • 阿雲の呼吸



    行ってきました。この↑お二人のコラボ講演会。
    感想は一人より二人の方がおもしろい(^▽^)です。


    黒斎さんがしゃべる合間に、阿部さんがフォロー(笑いをとる?)
    トークの餅つきとも言える息の合い方でした。
    お笑いの相方としてもぴったりかと思います。笑


    お話の内容は特に耳新しいものはありませんでしたが、
    活字で読むより音声で聞くほうがストレートに伝わる感じがしました。
    言葉の情報そのものより、その場の空気から伝わる情報をキャッチする。
    そんな感じで今回の講演では楽しみながら其処にいただけなので、
    詳しい話の内容は忘れました。笑


    黒斎さんは、Do(する)よりBe(ある)がだいじと言われてますけど、
    目の前のお二人の在り方から感じたのは、仲のいい友達同士で
    喫茶店で雑談してるような気楽さでした。
    実際に開演前に向かいのドトールコーヒーで黒斎さんが阿部さんに
    人生相談をされていたそうです。(^▽^)


    お二人とも印象としては、ごくふつうの方でした。
    もちろん、内面まではわかりませんけどね。


    ダライ・ラマさんが先日、沖縄にいらしてたそうですが、
    そのときの講演会で、「わたしはふつうの人間です」と
    言われたんだそうです。


    悟ったら特別な人になるんじゃなくて、
    ふつうの人になるだけ、と阿部さんも言われています。
    悟ってる人と悟ってない人の違いは、自分がふつうであるとわかってるか
    わかってないかの違いだそうです。


    とんちで有名な一休さんは、悟ったあとも酒好き、女好きで
    肉や魚も食べるし、ふつうの人と変わらなかったそうですよ。
    逆に見るからに悟ってます風の人は、かえってあやしい?
    かもしれませんね。笑


    悟ってもふつうの人だったら別に悟らなくてもいいような
    気もしますが、黒斎さんが目覚めたあとの感想は、
    「生きるのがものすごく楽になりましたね」だそうです。


    苦しみは自分で創作したものだと気づいたときに、
    「なーんだそうだったのか」と目が覚めた。
    その前の苦しみが尋常じゃなかっただけに、
    目覚めの衝撃も大きかったようですね。


    自縄自縛という言葉がありますが、
    人は自分で苦しみを創作しているのに気づいていません。
    苦しみを創作する元ネタは無意識に起きてくる思考です。
    誰でもおなじみの思考癖(パターン)というのがあって、
    気づいてもうっかりするとまた同じことを考えている。


    でも「また考えてる」と気づいたら、
    その時点でニュートラルになれます。
    思考に気づく練習に瞑想はいいと思います。


    ただし瞑想しても悟れません。
    これをしたから悟れるということはなく、
    むしろなにもしないほうがいい。
    それにはなにもしない瞑想をするがよい。
    どっちやな。笑


    悟(さとる)くんは大声をだして呼んでもやってきませんが、
    呼んでもないのに突然やってくる気ままな客人のようです。
    この珍しい客人に会うと生きるのが楽になるらしいので、
    一目会いたいなあと思っています。


    がしかし、悟った人の話をいくら聞いても悟れるわけじゃないので、
    講演会はもういいかなと思っています。




    京都にはない巨大ビルが建ち並ぶ御堂筋。
    大阪は都会やなあ! と思いました(^▽^)
    [ 2009/11/24 15:41 ] satorix | CM(6)
  • EDIT 

  • 魚彦



    花園駅近くの魚屋さんの前を通ったらシャッターが閉まっていた。
    魚彦かぁ。ふ~ん。
    [ 2009/11/23 09:09 ] 建物・看板 | CM(6)
  • EDIT