猫は南天の下で悟りを開いた

P6296390.jpg


庭や鉢に南天を植えているお宅が多い。ウチにもある。
難を転じると言って縁起がいいからだと聞いたことがある。
ちなみに我が家では鬼門とされる北東と南西に植えてある。

猫は縁起をかつがない。
背中が重いからではない。
観念がないからだ。

あるないはふたつでひとつ。
ふたつが消えればひとつも消える。
からだは空(から)だ。空(くう)とも言う。
[ 2014/06/30 07:15 ] | CM(2)
  • EDIT 

  • 猫耳東風

    P6296395.jpg


    2週間ほど前に団地の草むらで姿を見失ってから一度も顔を見てなかったシロちゃんにようやっと会えた。
    無事に家に帰れたようだ。あぶないから道路を渡って遠出するのはやめときにゃと諭してみたが、
    馬耳東風のようすであった。猫だから猫耳東風か。まあ、そんなことはどうでもよい。笑
    [ 2014/06/29 18:32 ] | CM(4)
  • EDIT 

  • 立本寺蓮咲きかけ

    RIMG0001_20140628125323471.jpg

    今朝11時過ぎに撮った写真です。咲いてるのは数えるほどでした。
    見頃はよくわかりませんが、7月の初旬〜中旬くらいでしょうか。




    P6286374.jpg




    P6286377.jpg




    P6286381.jpg




    P6286379.jpg




    大海を見ず




         RIMG0002_20140628125330611.jpg




    P6286383.jpg
    [ 2014/06/28 13:05 ] 花便り | CM(4)
  • EDIT 

  • 猫のいる町家喫茶

    ゆすらご


    立本寺の南向かい、仁和寺街道沿いに"ゆすらご"という町家喫茶があります。
    『ねこ』と言う雑誌に紹介されてたので一度訪ねてみようと思いつつ、
    行ったらいつも休みでなかなかタイミングが合いませんでした。

    この日も12時前に行ったら表戸が閉まってたので営業日なのにおかしいなと思いつつ、
    立本寺の境内でお店のようすを伺っていると、12時を過ぎた頃ようやくお店の人が
    のれんをかけに出て来られました。

    それでは、なかに入ってみましょう



    玄関

    おじゃましま〜す。




    チャオ2

    黒猫のチャオちゃんがお出迎えしてくれました。




    チャオ

    びじんの猫さんです。もういっぴきフムフムくんという弟猫がいるそうですが会えませんでした。




    ゆすらご店内

    店内のようす。築100年のお家だそうでいいかんじに古びてました。
    むかしなつかしい本や小物がたくさんならんでました。




    坪庭

    奥に坪庭もあります。落ち着きます。




    カレー

    お昼時だったのでカレーをいただきました。ほうれんそう入りのグリーンカレーです。

    居心地のいいところだったので開いてたらまた訪ねてみたいと思います。
    営業日はお店のブログのカレンダーに表示されています。
    [ 2014/06/27 07:08 ] | CM(0)
  • EDIT 

  • ペットロス

    飾り付き


    ミッキーさんがいなくなって2ヶ月が過ぎた。
    猫のいない生活にも少しずつ慣れてはきたが、なんと言うのか、
    毎日が気の抜けたビールのように味気ない。


    ちなみにペットを亡くした飼い主には次の3つのタイプがあるそうだ。


    (1) すぐに新しいペットを飼うひと。
    (2) 別れがつらいので2度とペットを飼わないひと。
    (3) 何年かたって気持ちが落ち着いた頃に新しいペットをむかえるひと。


    白猫は(2)と(3)の割合が、7:3くらい。
    別れが予想以上につらかったので、いまはまだ新たに猫を飼うきもちにはなれないが、
    これは必然かもと思われるような出会いがあればまた飼うかもしれない。


    ミッキーさんに出会ったときがそうだった。猫を飼うつもりなどなかったのに、
    気がつけばいつのまにかお向かいの猫が我が家に住み着いていた。


    ちょうど娘を亡くして落ち込んでいた頃で天国の娘が引き合わせてくれたのかもしれないと
    勝手に思い込んでしまった。人というのはなんにでも意味づけをしたがるものだが、
    そうすることで心の痛みや悲しみが少しでも癒されるならそれでいいのだとも思う。


    ミッキーさんとのような出会いはたぶんもうないだろうと思っているが、縁があって猫を飼うとしたら、
    子猫じゃなくておとなの猫がいい。子猫だと自分のほうが先に死ぬかも知れないし、そうでなくとも
    年とってからちゃんと世話をしきれるか自信がないからだ。


    あたりまえだが動物を飼うには最期まできちんとめんどうをみる責任と覚悟が伴う。
    ミッキーさんが階段から転げ落ちるように衰弱していった4ヶ月間をふりかえると、
    ただかわいいからとか、癒されるからというだけで安易に動物は飼えないなあと
    思わずにはいられなかった。


    ミッキーさんはこれまで病気らしい病気をしたことがなかったこともあって、
    元気なときはけっこうテキトーな飼い主だったのでいまにしてみれば、
    もっと気をつけてあげたらよかったと悔やまれることも少なくない。


    話は変わるが、かつて愛犬との生活を綴ったブログ『富士丸な日々』で人気を集めた穴澤賢さんが、
    あらたに文章を書かれているサイトを見つけた。富士丸くんが亡くなって二代目をむかえるまでの
    心の変化がつづられている。



        4周忌を迎えて〜その1

        4周忌を迎えて〜その2



    富士丸ファンで毎日ブログを見に行ってた(京都のサイン会にも行きやした)白猫もあのときの
    富士丸くんの突然の訃報にショックを受け、しばらくは富士丸くんの写真を見るたびに
    涙でボロボロになっていた。


    飼い主である穴澤さんの落ち込みようは読むのも痛々しいくらいであったが、
    あれから4年以上がたち、新しい伴侶、大吉くんと福助くんをむかえ、
    元気にされているのがわかってよかったなと思った。
    天国の富士丸くんもほっとしていることだろう。
    [ 2014/06/25 22:52 ] ミッキー | CM(0)
  • EDIT 

  • 御室日記

    池

        御室に行った。ためしに池の亀にキャットフードをやったら食べた。
        

    happy.jpg

        ハッピーくんは祠の前でお昼寝。 
        今日もいい天気だった。  
    [ 2014/06/24 18:55 ] 日記 | CM(0)
  • EDIT 

  • 猫に会いたければ猫のことを考えよ

    RIMG0003_201406231513572eb.jpg

    いつも猫のことを考えてると



    RIMG0002_2014062315135906d.jpg

    猫に会う確率が高くなる。



    RIMG0002_2014061320505531f.jpg

    思考は現実化する。故に、



    RIMG0001_201406132050577f8.jpg

    猫に会いたければ猫のことを考えよ。



    RIMG0004_20140613205059180.jpg

    ニャポレオン・ヒル
    [ 2014/06/23 15:45 ] | CM(0)
  • EDIT