北山杉の里~中川

宗蓮寺の石段を降りて左手に行ったところに
大きな台杉が二本あります。
台杉とは「取り木」と呼ばれる台をつくり、
そこから枝を垂直に伸ばして「立ち木」を育て、
効率的に磨丸太を生産する方法だそうです。



大台杉
大台杉


石段から右手に行くと民家があります。
道端にも秋明菊がたくさん咲いていました。
道路



道路2



ピンク秋明菊



茅葺きのお家がありました
茅葺き



これはどうも(^^ゞ
イス



山里の風景
里



芙蓉の実。枯れてもきれいにゃ。
野草い



野草ろ



蝶々

川端康成『古都』の舞台にもなった北山杉の里は、
何度でも訪ねたくなる安らぎの里でした^^
関連記事
[ 2010/10/21 07:19 ] 京便り | CM(2)
  • EDIT 


  • オリーブさん、いつもありがとうございます。

    宗蓮寺は二回目ですが、ひっそりとした山寺の風情があり、いいところです。
    写真好きの人がたまに訪れるくらいで、静かにお庭を鑑賞できます。
    この日も先客は一人だけでしたが、土日は多いのかもしれません。
    美山の茅葺きの里のように、観光名所にはなってほしくないなあと思いました。

    旅人には安らぎの里でも、住んでいる方にとっては厳しい環境かと思われます。
    後継者の少ないお山のお仕事を3代で続けておられるとのこと。頭が下がります。
    [ 2010/10/21 12:19 ] [ 編集 ]

    秋明菊

    八重のシュウメイギクなど等の写真
    心が洗われます。
    今時期撮影される方々でごった返しておりましたでしょう。
    中川・・国道が移動され静かになったはずなのに
    モラルの悪い撮影者に悩まされてると言う姉の友人のお話です。
    数十年前に嫁がれて、今でも夫婦・子供・孫と3代で山で現役で働いて居られます。
    [ 2010/10/21 10:01 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/2135-e84cdd47