お寺 de 読書

白壁


外で日なたぼっこをしながら本を読むのが好きです。
妙心寺の白壁のあるこの一角が白猫の読書指定席^^
壁で風が遮られて、日当たりがいいので
真冬でも天気がよければ、ポカポカしています。
気持ちがいいのでウトウトしてしまうことも。
読んだのはこの本↓です。


読書


画家の横尾忠則さんの対談集です。知恵の森文庫から出ています。
対談相手は、芸術家の岡本太郎、生物学者の今西錦司、作家の島尾敏雄、
陶芸家の加藤唐九郎、漫画家の手塚治虫など個性豊かな顔ぶれですが、
巻末の解説文を書いている心理学者の河合隼雄氏を含め、一人を残して
全員が故人になられているため貴重な対談集となっています。

横尾忠則さんの本は好きで何冊か読んでますが、
この本は、なんとも言えず深おもしろい。い。
読めば読むほど味が出るスルメのような本です。
見えない世界が好きなあなたにおすすめ。
ほなら本の紹介文を紹介しようかい。

  ↓

ほぼ日刊イトイ新聞
関連記事
[ 2011/01/20 00:14 ] 読書 | CM(2)
  • EDIT 


  • オリーブさん、昨日はお天気がよかったので暖かかったです。
    今日も天気予報では昼から雪マークになってますが。
    今日は大寒でしたか。
    雪とのおつきあい、まだまだ続きそうですね。
    [ 2011/01/20 07:24 ] [ 編集 ]

    日なたぼっこをしながら

    大寒の今朝は5㌢の雪でしたが
    ホウキでも掃けるサラサラの雪で気温は4時でマイナス3℃
    大寒なのに気温は低くて良かった!
    五時からABCラジオを聞いてますと
    京都北部は雪予想されてました。
    つかの間の日なたボッコかな?
    [ 2011/01/20 07:08 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/2226-0dae18ce