いのちの詩

11日、訪問先で地震の映像をリアルタイムで見ていました。
その時は、そんなにひどい地震とは思っていませんでしたが、
その後の新聞、テレビのニュースで被害の大きさを知り驚くばかりです。
書くべき言葉が浮かびませんので、金子みすゞさんの詩をお借りしてきました。
被災地の皆様の心が一日も早く『明るいほうへ』向かわれますよう祈りをこめて。


菜の花



      明るいほうへ
      明るいほうへ。

      一つの葉でも
      陽のもるとこへ。

      やぶかげの草は。

      明るいほうへ
      明るいほうへ。

      はねはこげよと
      灯のあるとこへ。

      夜とぶ虫は。

      明るいほうへ
      明るいほうへ。

      一分もひろく
      日のさすとこへ。

                                                              

関連記事
[ 2011/03/13 10:36 ] 未分類 | CM(0)
  • EDIT 


  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/2269-8fb8bd11