善意の功罪

震災から今日で一週間がたちました。
新聞テレビでは連日被災地の状況が伝えられています。
ほとんどテレビは見ないもので、新聞で情報を得るくらいですが、
破壊された原発が危機的状況にあるのは素人でも察しがつきます。
周辺の方々は地震と津波の災害に加え、放射能の危険にもさらされ、
生きた心地がしないことでしょう。


慣れない避難所生活で、水や食料も足りず厳寒のなか眠れない夜を何日も
過ごされ心身の疲労もピークに達していらっしゃることかと思います。
ただ遠くで祈ることしかできない自分ですが、朝をむかえるたびに、
少しでも状況が好転していますようにと願いつつ新聞を見ています。


見ているだけでなく、個人ボランティアで被災地に行かれる方も
これからは出てくるかと思いますが、この記事を読んで、
ボランティアについて考えさせられました。


被災者のために何かしたいと思う気持ちは尊いと思いますが、
せっかくの善意も使い方を誤ると迷惑になる場合があります。


ボランティアをするときは、純粋に人のためなのか、自己満足のためなのか、
一度じぶんの心に問うてみるといいかもしれませんね。
かくいう白猫もあなたの善意に偽りはないかと問われたら、
「はい」と言い切れる自信はありません。


ちなみに善意が必ずしも「良い」というわけでもありません。


非常時には、あちこちで善悪混交のいろんな情報が流れますが、
たとえ善意から出た情報でも迷惑になる場合があります。
震災後に広まったチェーンメールの一例です。


「関東の電力不足分を西日本から送るために節電しましょう。
このメールを知人に転送してください」というメールが広がったそうですが、
この種のメールは非常時には通信の妨げになりかねないとのことです。


電気の専門家に聞いた話ですが、西日本と東日本では電気の周波数が違うので、
送電するには変換の必要があり、そのための充分な設備がないとのことで、
実際は送れる電力に限界があるそうです。


他にもスピ系で多いのが、何日何時にみんなでお祈りしましょう、
とか願いごとをしましょうとか言うものがあります。
前に知り合いからその種のチェーンメールをもらったことがありましたが、
気持ち悪かったので私は送りませんでした。


スピ系のブログに書かれている記事のなかにも怪しい情報がたくさんあります。
昆布を食べると放射線被害が防げるとか、放射能は人体に有益であるとか。
他にも地震兵器による日本のっとり説など、おかしな情報が溢れています。


悲惨な映像を流し続けるテレビと同じで、見てても混乱するだけなので、
ネットもあまり見ないほうがいいんじゃないかと思ってます。
とにかく不要な情報が多すぎます。


情報中毒、情報依存症にならないよう気をつけよう!
自戒をこめて。
関連記事
[ 2011/03/18 16:44 ] 未分類 | CM(2)
  • EDIT 


  • お悔やみ申し上げます

    羊おばさん、大変な一週間でしたね。
    ワンちゃんのご冥福をお祈りします。

    私もこの一週間は悪い夢を見ているようで、ぼーっとしていました。
    震災で亡くなった大勢の方々と動物たちの魂が安らかでありますよう、
    いっしょに祈っています。
    [ 2011/03/21 15:36 ] [ 編集 ]

    虹の橋

    我が家のワンコが逝ってしまいましたが、
    今回の震災の翌日であったため、ひっそりと過ごしていました。

    初七日が過ぎたので今日ようやくミクシィに日記をアップしたり、
    震災で死んだ犬猫へ祈りをささげています。
    [ 2011/03/21 14:35 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/2274-07a61332