空き缶の悲しみ

        君のぶんまで生きるから

        なんて

        強がってたくせに

        なみだ ボロボロ

        こころ ヨレヨレ

        君と歩いた

        この街の風景は変わらない

        けれど

        僕の心の風景は

        すっかり

        変わってしまったよ

        なのに

        なのに世界は

        昨日と同じ顔をして

        回り続けてる

        バカやろう!

        蹴飛ばした空き缶が

        カラカラと

        泣いていた



        空き缶
関連記事
[ 2011/04/01 08:42 ] | CM(0)
  • EDIT 


  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/2291-251aeba8