カンジダのような感じだ

風邪は治ってきましたが、舌の違和感がなかなか治らないので、
口腔外科のある歯科医院で診てもらってきました。



先生「これは~ガンではないですね~。真菌かもしれませんね~」


白猫「カンジダですか~?」


先生「ぽいっ感じですね~」


白猫「ぽいっですよね~」



まさかガンとは思っていませんでしたが、違和感の原因は口腔カンジダでした。
カンジダとは真菌(カビ)の一種で、誰でも口のなかにいる常在菌です。
抗生剤を常用している人や、体力が低下しているときに繁殖します。


主な症状は舌や上あご、頬の裏、食道などに白っぽい苔のようなものが生えます。
飲食するときにしみたり、ヒリヒリするような痛みがあります。
白猫は舌の感覚が鈍感になり、味覚にも若干異常がありました。



経口薬を処方されました。


薬


中身はゲル状になっていて、口のなかに含んで舌で患部に薬をぬります。
できるだけ長く含んだあとは飲み込んでもいいそうです。
薬剤師さんはなめるだけでいいですよ、と言われてました。

「なめるだけ^^」

お菓子みたいだなあと思いながら、実際になめてみると、
思ったよりおいしかったです。笑


梅雨どきはカビが生えやすいですが、ベロにカビが生えるとはねぇ。
お口のなかは清潔に~。というわけでこまめにうがいをしています。


みなさんも、ベロをおだいじに
関連記事
[ 2011/06/17 20:32 ] 心と体 | CM(0)
  • EDIT 


  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/2388-4a602e2d