好きなことはお金に換えられん

昨日ね、奈保子さんと聖子さんの歌うの見てたらね、
なんかこっちまで楽しくなってきたんよね。ふしぎ。


ふたりとも歌うのが好きでたまらんのやろね。きっと。
楽しい気持ちが全身からほとばしってる感じがするもんね。
楽しい気持ちって氣のエネルギーみたいなもんやから、
まわりの人にも伝わるんとちゃうかな。たぶん。


仕事はやっぱり好きなことをしたほうがいいなあと思た。
嫌な仕事がまんしてしてたらかなしいやん。自分の人生。


でも好きなことと、できることは違うところがまたかなしい。
それでお金をもらうとなったら、趣味程度ではあかんやろし。


タイプがあると思うんよね。おおざっぱに言うたら、
好きこそものの上手なれタイプと下手の横好きタイプ。あっしのことで。笑
先のふたりは疑いもなく前者のタイプやね。


後者のタイプは趣味でやるしかないやろね。お金っ気抜きで。
ほんまのこと言うたら、好きなことはお金に換えられんしね。
見えへん対価がかならずあるのよね。


そう思て、今日もブログ書いてますねん。まんねり。笑


72.jpg


去年から始めた朗読の仕事は楽しいです。
一冊目の『西行花伝』は読み終わり、いまは二冊目の『最澄』読んでます。
どちらも漢字が難しく辞書なしでは読めませんが、だいぶん慣れてきました。

お手本にプロの方の朗読を聞くと、その場面がありありと目に浮かぶようで、
間のとりかたやなんかも絶妙ですごいなあと感心します。
朗読の世界もなかなか奥深くておもしろいなあと思うこのごろです。
京都のみなさま、朗読のご用命は"猫の手"まで(^▽^)
関連記事
[ 2011/09/07 05:21 ] つれづれ | CM(0)
  • EDIT 


  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/2488-194835ac