秋の夜の珍客vs猫

昨夜のことです。白猫庵に珍客がありました。
ちっちゃいバッタくんです。
部屋のなかをバッタバッタと飛び回っていました。
さすがはバッタやな。笑

バッタ2
バッタくんをじっと見つめるミキ姐さん。
どうするか様子を見ることにしました。


バッタ3
見る…


バッタ4
…見る


バッタ5
………


バッタ6
王手!


おっととあぶないあぶない。
このあと、バッタくんは裏庭に逃がしてあげました。

ミキ姐さん、いまはさすがに狩りはしませんが、
若かった頃はよくスズメやセミやトカゲなんかを獲ってきました。
朝、起きたら枕元にネズミが置いてあったときはたまげました
「これあげる」みたいな顔してわざわざ持ってくるんですよね。
せっかくの好意?に怒ることもできず、もらったふりして逃がしたり、
死んだのは土に埋めたりしてました。南無阿弥陀仏( ̄人 ̄)
年はとってもいつまでも猫々しいミキ姐さんであります。
関連記事
[ 2011/09/26 06:02 ] ミッキー | CM(2)
  • EDIT 


  • とおこさんこんにちは

    ほめてもらいたくて持ってくるというのは聞いたことがありますが、
    子どもにはねずみの獲りかたを教えるつもりで持ってくるんですね。
    人間の子どもを子猫だと思ってるのかな。
    こんどミッキーさんに聞いときます(^▽^)
    [ 2011/09/26 15:47 ] [ 編集 ]

    友達の家の猫もねずみをよく捕ってくるといってました。

    半分動けなくなった状態のねずみをなぜかいつも子供のところに
    連れてくるので、娘さんが大騒ぎをしてました。
    お母さんが言うには「どうもねずみを捕る教育を子供にしてるらしい」

    大人にはほめてもらうために持ってくると言っていたのを思い出しました。
    [ 2011/09/26 10:22 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/2514-a2c44a97