カリカリ一粒の謎

我が家の猫ごはんは、時間が決まっていない。


好きなときに食べられるようにカリカリの入ったお皿を常置している。
ほこりよけに軽目のフタをのせてるが、前足で上手によけて食べる。
猫のセルフサービスである。フタがはずれてたら、またのせる。


カリカリはなくなったら補給しているが、気づかないときは、
ほんにんが「ないよ~」と知らせにくることもある。


小食なので、お皿がからっぽになってることは少ないが、
たまにそんなときがあって、おもしろいことに気づいた。
お皿に一粒だけカリカリが残っているのである。


これまでに何度もそういうことがあった。となると、、
わざと残してるとしか思えない。が、その理由がわからない。


中国などでは出された食事は少し残すのが礼儀だそうだが、
猫族にもそんな食事の流儀でもあるのだろうか。
よその猫のことは知らないのでなんとも言えない。


にしてもだ。なんで一粒だけなのか。それが謎である。
全部なくなると不安なので、カリカリ貯金をしてるのか。
それともたんなるジョークなのか?


「いっこだけ残しとこっ」


なんて思ってるミッキーさんを想像しただけで妙におかしい。


猫皿に残された一粒の謎! その真相は次回に、、続き
ません。笑


カリカリ
関連記事
[ 2011/11/19 18:29 ] ミッキー | CM(2)
  • EDIT 


  • トムさん

    なんか笑えますよね。(^▽^)

    小学校の洗面所は、河井寛次郎館に続く
    ランキング2位となりました。笑
    [ 2011/11/20 17:23 ] [ 編集 ]

    ミッキーさん、面白いですね(^○^)
    こういうの、なんか好きです☆

    小学校も、良かったです。
    洗面所の写真に心が動きます。
    どうやら私は、洗面所が好きみたいです(笑)
    [ 2011/11/20 17:01 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/2589-952336f2