男性よ。聞きたまえ。

女房と畳は新しいほうがよい。などと言うが、世の男性というのは、
いくつになっても若い女性、それもきれいな女性が好きなようである。


先日、知り合いの愛さん(仮名・50代)が「夫があんな人やったとは思わんかった!」
とえらく憤慨していたので、どうしたのかとたずねたら、
夫に「顔がシワだらけ」と言われたんだそうだ。


「それはひどい!」愛さんといっしょに憤慨した。


愛さん自身もよく「このごろシワがふえた」と気にしていたが、
目元や口元のシワはご愛嬌。本人が言うほど老けた感じはない。
むしろ年齢より若く見えるくらいだ。


夫さんは、「化粧や髪型で隠せる」と、のたまったらしいが、
いまのまんまですてきと白猫は思う。


そもそもシワって隠す必要があるんかな。
年とったらシワができてあたりまえやん。


以前、テレビで美魔女の出ている番組を見たことがあった。
美魔女とは年齢よりずっと若くて美しい女性のことらしい。


彼女たちの美容への執念はすさまじく、毎日4時間かけて顔トレをしたり、
朝起きるとすぐに日焼け止めをぬり、外に出るときは日にあたらないよう
サンバイザーや日傘などで完全防備。顔の見えない覆面女と化していた。


ほかにも若者向けのお店でミニスカートしか買わないという女性や、
きれいになるために不倫してるという人までいて驚いた。


彼女たちを見ていて白猫は正直、美しいと感じなかった。
自分の美しさに執着する心が美しくないと感じたからだ。


本当の美しさには自意識というものがない。
花は自分が美しいとは思わない。だから、
誰が見ても美しいと感じるのだ。


そして美しい花もやがては枯れる。
自然にさからうのは人間だけだ。
アンチエイジングもほどほどがいい。


愛さんの話は延々と続いた。


ったく、
日本の男は、どうしてこうも無神経なんやろ。
そんなこと思てたかて、ふつうは言わんよね~。
いくら妻でも親しき仲にも礼儀ありやわ~。


ひとしきり夫の愚痴をしゃべったあと、すっきりした愛さんは最後に言った。
「ふん、私だって、加藤茶より向井理のほうがええわよ!」


愛さんのご主人の顔が浮かんだ。(^^;うなずいていいものか迷った。
その言葉どおり、愛さんのご主人は加藤茶に似ていたからである。



yoineko.jpg


男性のみなさん、よぉ~く聞きたまえ。
女性の容姿をけなすのはご法度ですぞ。
ウソでもほめるべーし!!
関連記事
[ 2011/11/23 00:04 ] つれづれ | CM(2)
  • EDIT 


  • rm さん

    いっしょにでかけるときに着飾ってくれるとうれしい。
    というのは初めて聞きました。

    男女では脳のつくりが違うので、感じ方も違うという話ですが、
    あっしには男心はいまいちわかりやせん。笑
    [ 2011/11/24 09:07 ] [ 編集 ]

    私も一応は女ですので、うんうんと頷いてしまいました(o^^o)
    主人に給料のこと、奥方に容姿のことで、貶すな、と聞いたことがあります。
    いいこと一つもないから。

    以前、とある男性が言った言葉ですが、自分の為に着飾ったって見栄だろ、一緒に出掛けるときに飾ってくれるから嬉しいんだと。

    ストレートだな、と思って、なんか思い出しました。えへ。

    好きな人にぶー言われたらいやです私も。

    んなこたわかっとるわ( *`ω´)


    [ 2011/11/24 07:39 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/2595-4118dd72