「人生に意味はない」の意味

人はなんのために生きるのか、自分はなにをするために生まれてきたのか、
20代の頃からそんなことばかり考えつづけてきました。


哲学、宗教、精神世界に答えを求めて、あっちへうろうろ、こっちへうろうろ。
結果は時間とお金を費やしただけでした。


50代になってようやくその答えが見えてきました。
それは「人生には意味も目的もない」というものです。


ネガティヴな意味ではなく、そのまんまの意味です。
 いま「人生に意味はない」と言うたやないの。
ややこしくてすみません(^^ゞ笑


人生に意味や目的を求めているのは自我なんだとわかりました。
そして悩みや苦しみをつくっているのも自我です。
なぜ、そんなめんどうなものが人間にだけあるんでしょうか。
それはわかりませんが、きっとあるべくしてあるのでしょう。


人生上昇塾の安達さんが自我について、
たいへん深い話をされています。



    ひまわりはなぜ黄色いのか?



わたしも安達さんの宇宙論と同じような想像をしたことがあります。
詩にしてみました。


星空



          宇宙は さびしかった

          なぜなら うちゅうには

          じぶんだけしか いなかったから

          宇宙は たいくつだった

          なぜなら うちゅうには

          なにひとつ 欠けたところがなく

          完全な 存在だったから



          あるとき 宇宙はおもった

          不完全を 体験したいと


          Big Bang!!!


          宇宙大の くしゃみと共に

          エネルギーの 渦が生まれた

          渦の中から この世の

          ありとあらゆる物が 

          誕生した



          花や 木や 動物や

          空や 雲や 海や風

          世界に              

          ヒトの種がまかれた



          宇宙は 物理的現実という

          不完全な 世界を創造した

          寂しさを 忘れるために

         

          宇宙は 

          3Dの 夢を見ている

          生まれては 死に

          死んでは また生まれ

          果てしなく続く

          見はてぬ夢を



          宇宙は 

          退屈を 紛らわせるために

          「わたしは目覚めた」という

          夢すら 見ることがある

          という

          

          宇宙は ほんとうは 夢から

          目覚めたくは ないのである

          寂しくなるからね
          


          宇宙とは これを見ている

          あなたのことである





夜空を眺めているとき、あなたは、ふと寂しくなることはありませんか。
そんなときあなたは、あなたが宇宙だったときの記憶を、
心のどこかで思い出しているのかもしれません。
関連記事
[ 2012/01/16 06:07 ] satorix | CM(6)
  • EDIT 


  • 荻野誠人さん

    >私、そういう話題にはあんまり近づかないように・・・。

    感じ方は人それぞれだと思いますが、どちらかと言うと
    ネガティヴ思考の私は、人生はシナリオ通りと思うと、
    かえって気持ちが楽になりました。

    感性が他の人とちょっとずれてるところがありますので(^^;
    自分の常識を人に押しつけないよう気をつけたいと思います。
    ごていねいなコメントありがとうございました。
    [ 2012/01/22 16:48 ] [ 編集 ]

    お返事、ありがとうございます。

     早速のお返事、ありがとうございました。拙稿をわざわざお読みくださり、恐縮です。

    >人生は生まれた時から決まってるんじゃないかという思いもあります。

     はい、そういう可能性はあると思っています。ただ・・・何もかも決まってしまっていて、私たちはすでに敷かれたレールに乗って行くしかないといったことを言うと、読んだ人の元気や意欲が減退するのではないかという懸念も抱きますので、私、そういう話題にはあんまり近づかないように・・・。

     「決断」についての音声メッセージお聴きしました。そこにも語られていましたように、私たちの常識は、科学の進展でどんどん書き換えられていきます。百年、千年経ったらどうなっているでしょう。余り自分の常識に固執しないことが、賢明なのかもしれません。

     それではまた。失礼します。
    [ 2012/01/22 10:38 ] [ 編集 ]

    荻野誠人さん

    はじめまして^^

    >そもそもこの宇宙全体が何らかの目的のために存在しているとは
    私には思えないのである。宇宙は単に存在しているだけである。

    ページ拝見しました。
    私もそう思います。
    宇宙は存在するだけだと。

    神は働かない。神の仕事は存在すること。
    究極の幸せとは、いまここに在ること。
    猫を見てるとそう思います。

    人間は猫のように無心には生きられないので、
    人生に意味や目的を見いだしたくなりますが、
    自分で決めればいい。決めなくてもいい^^
    今はそう思っています。

    ここに書いた「人生に意味や目的はない」と少し矛盾するかもしれませんが、
    人生は生まれた時から決まってるんじゃないかという思いもあります。

    性格や嗜好を含めた各人の個性から人生のストーリーにいたるまで、
    あらかじめプログラムのようなものが設定されていて、
    なにかを"決める"こと自体がすでに決まっているんじゃないかと。
    自由意志もプログラムのうちという意味です。

    話が脱線しました(^^ゞ

    決断について興味深い話を聞きました。
    お時間がありましたらどうぞ。

     http://everchanging.info/emolution/pr/06_process.mp3
    [ 2012/01/19 13:20 ] [ 編集 ]

    初めまして。

     初めまして。ブログ村からお邪魔しました。荻野誠人と申します。よろしくお願いします。
     タイトルに惹かれて参りました。と申しますのも、私も似たことを考え、「人生に目的はない」と一応自分なりの結論を出しているからです。「意味はない」とも思っています。
     では、表現が同じなので、中味も同じかと申しますと、こんな感じですので・・・

    >あらかじめ人間に定められた人生の目的はない。
    >だから、一人一人が自由に目的を決めればいい(決めなくてもいい)。

     若干違う点はあるのかもしれません。
     そのテーマで書いたのが以下の文章です。もしお暇があったら、お読みくだされば幸いです。
     http://www.bekkoame.ne.jp/i/gb3820/jinsei.html
     ただ、今読み返してみると、ずいぶん偉そうな書き方で赤面します。いい機会ですので、ブログ用に書き直してみようかという気になりました。ありがとうございました。他のページも拝見します。それでは失礼します。

    [ 2012/01/19 09:06 ] [ 編集 ]

    sunanekoさん

    いや、そのとおり。明解なお言葉に脱帽です(^^ゞ

    人間はめんどくさいことを考えるのが好きですね。

    猫を自称する白猫もまだまだ本物の猫にはかないません。
    猫仙人(ミッキーさん)について日々修業中です^^
    [ 2012/01/17 07:39 ] [ 編集 ]

    私は、頭が猫並みに単純なので、難しいことはわかりません。

    なので、確かなものは「今現在」にしかないと思っています。
    ゆえに、未来を憂えることも、過去を悔むこともあまり意味がない。
    「生きる意味」など考えることもなく、ただ「今」を慈しんで生きる。

    猫はそんな風に生きているように思います。
    私も猫のように生きたいと思っています^^
    [ 2012/01/17 06:26 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/2659-194649d8