怒りが鎮まる呪文

幸も不幸も存在しない。そう思う自分の心があるだけ。
昨年、急逝された小林正観さんの名言です。


ありがとうを唱えると、いいことがありますよと説いた
ありがとう教?の元祖のような方です。


講演を数多くこなされていましたが、本もたくさん書かれています。
白猫の本棚にも何冊かあります。


本の内容は忘れましたが、この言葉だけは覚えています。
幸も不幸も存在しない。そう思う自分の心があるだけ。


人間意識で判断すると、この世にはたしかに幸不幸、善悪はありますが、
自我を越えた神意識になると、幸不幸、善悪などはないのだと思います。


神の世界はすべてがひとつ。幸不幸、いい悪いもありません。
幸不幸、善悪を体験したくて人間として生まれてきたのだとしたら、
それらがあることによって生じる人間的ないろんな感情、喜怒哀楽も、
この世でしか味わえない貴重な体験なのかもしれません。


白猫は腹が立ったとき、嫌な気分になったとき、この言葉を呪文がわりに唱えます。



そう思う自分の心があるだけ。



怒りが鎮まります。

関連記事
[ 2012/01/17 06:38 ] satorix | CM(0)
  • EDIT 


  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/2660-3ef4ef2b