さまよえる星の人々

この世には常識で測れぬできごとというのがままありますが、
白猫の知り合いにUFOを見たと言う80代の女性がいました。
仮名をアロエさんとします。


アロエさんが故郷の四国にいた娘時代のことです。
ある日の夕方、家に帰ろうと田舎道を歩いていたら、
ピカピカ光る飛行物体がアロエさんの後をついてきたんだそうです。
詳しい話は忘れましたが、いまでも、たまに見ると言われてました。


ちなみにアロエさんは、オカルトなどにはまったく縁のない
ごく普通の主婦のかたです。


「こわくなかったですか」とたずねると、「こわいことないよ~」
と、のんびりした口調で話されていました。


ここから先は、ファンタジーとして読んでください。


この地球上には異星人の魂をもって生まれてきた人が大勢いるそうです。
彼らのことを白猫は星の人と呼んでいます。


星の人には2種類あります。ワンダラーとウォークインです。
異星人の魂が最初から地球人の肉体に宿って生まれた人を"ワンダラー"
途中で地球人の肉体に入り込んだ人を"ウォークイン"と呼びます。


うち95%がワンダラーで (どうやって調べたんやろね^^;)
そのほとんどの人が自分が星の人だとは気づいていません。
彼らの目的は地球人の意識進化を助けるためだそうですが、
気づかずに一生を終える人が大半だそうです。


以上の話は『宇宙人の魂をもつ人々』スコット・マンデルカー著
で読んだ話です。


星の人は、子どもの頃から、
地球の人々(肉親や家族であっても)や暮らしに違和感を感じ、
自分がどこか他の人と違っているという思いを抱いています。
心理学や宗教、哲学、精神世界など、形而上のことがらを探究するのも好きだそうです。


本にET度自己診断テストというのがありました。
長いので白猫がわかりやすく要約してみました。
さてあなたの宇宙人度は?



☆ 子どもの頃、ET、UFO、未知の世界、宇宙旅行、
  ユートピアの話が大好きで、家族に変な子と思われていた。


☆ 自分の両親は実の親でなく、本当の家族がどこかにいると感じていた。
  現実が夢のように感じられ、自分は「ひとりぼっち」だと思った。


☆ 夢の中か現実にUFOを何度も見た。


☆ 優しく平和的な性格でお金や物にあまり興味がない。
  人間の冷酷さや暴力、競争、戦争などが奇異に思える。


☆ だまされやすく、お人よしなところがある。
  いやなことに直面すると、怖がりショックを受ける。
  なにかよくわからずにすぐ困惑してしまう。


☆ 他人に奉仕するのが好きで、世の中をよくしようと願っている。
  人から無邪気で世間知らずだと思われている。


☆ 徹底した科学的気質の持ち主で疑い深い。
  クールで情熱や欲望など、世俗的な感情に馴染めない。
  人に「いつもあなたは頭だけで考えている」と言われる。

   *このタイプのワンダラーの数は少ない。


☆ SFや空想的作品、幻想的な作品が好きで、現実より夢の世界に生きるのを好む。
  時々、地球の生活にうんざりし、意味がないように感じる。


☆ UFO現象やアトランティスやムー大陸のような古代の地球文明に興味を覚える。


☆ 神秘的な精神世界に強く魅かれる。自分の能力が充分発揮されていないと感じる。


☆ 現実にETや地球外の存在と精神的な交信をしたことがある。
  自分の人生の目的は他の人々の成長と進化を助けることだと気づいている。


☆ これまでの人生を通してずっと強い疎外感に悩まされてきた。
  自分が世間にしっくり溶け込めず、孤立していると思っている。
  他の人のようになりたいと思い、いろいろやってみたが変わらず、
  この地球上には自分の居場所がないと感じている。




いかがでしたか。


上記のような傾向が白猫にもあったので、自分もそうかなと思ったこともありましたが、
肉眼でUFOを見た体験もないし、もちろん宇宙人と交信したこともないので、
いまは単なる気質的な傾向だろうと捉えています。


ちなみにアロエさんは昨年、自宅裏の川に転落して亡くなられました。
突然の訃報を聞いたときは驚きましたが、地球でのお役目を終え、
故郷の星に帰られたのだなあと心秘かに思っています……☆


                               ufoneko1.gif
関連記事
[ 2012/03/24 16:50 ] satorix | CM(5)
  • EDIT 


  • 黒猫さんへ

    いろいろふしぎな体験をされているのですね。
    私は夢以外では特に超常的な体験はないのですが、
    子どもの頃から、ふしぎなお話が大好きでした。

    ワンダラーでもドラえもんでも、笑、なんでもありです。
    昔なじみのUFOさんにまた会えるといいですね^^
    [ 2012/03/25 17:16 ] [ 編集 ]

    トムさん

    では、白猫もUFOさんにお願いしてみます。

    怖くないよう猫型にしてね(^▽^)
    [ 2012/03/25 07:51 ] [ 編集 ]

    河津桜っていうんですかー。綺麗なピンクだな☆

    私も「宇宙人の魂をもつ人々」持ってます。「超シャンバラ(地底人の本)」と共に、今でもお気に入りの宇宙人本です^^
    白猫さんも1000パーセント、ETソウルです!(断言)認めた方が楽ですよ(笑)
    ちなみに、私は4年前に1度だけUFOを見ました。(ずっと見たいと思って、お願いしてたので嬉しかったです)
    1回見て「やっぱりいるんだ」と満足したので、それ以来見ていませんが。

    とってもフレンドーなUFOで「ここだよ~。いつも見てるよ~」って感じで愛を感じました。初めは、怖がらせないように、飛行機のマネをしてくれてましたし。
    [ 2012/03/25 00:24 ] [ 編集 ]

    はい^^

    白猫は宇宙人はいると思ってます。
    ドラえもんみたいな? 宇宙人だったら
    会ってみたいです。UFOも見てみたいな。
    [ 2012/03/24 21:36 ] [ 編集 ]

    おもしろい話ですね^^
    私は、UFOは見たことありませんが、今、UFOに乗った宇宙人が迎えに来たら、さっさとこの世とオサラバしてついていきたい、とか、サンタクロースは本当にいて、クリスマスの朝には枕元にプレゼントが置いてあるんじゃいか?とかちょっと本気で思ったりします。
    [ 2012/03/24 19:59 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/2728-247d24b3