穏やかな死を迎えるために

以前ブログで紹介した『大往生したけりゃ医療とかかわるな』の中村仁一先生が、
昨夜のラジオたね蒔きジャーナルで話されていました。
死について考えることは、いまを充実して生きること。
今日は昨日の続き。人間は生きてきたように死ぬ。
もし自分が余命6ヶ月と言われたら、なにをするか。
生きることの本質を問うこれらの言葉に胸を突かれます。

メメント・モリ ー死を忘れるなー







関連記事
[ 2012/04/21 09:31 ] 介護 | CM(0)
  • EDIT 


  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/2758-2d3317f0