朗読でウツが治った?!

20.jpg


週1回1時間、目の悪いお年寄りに本を朗読する仕事をしています。
素人なのでなかなか思うように読めませんが、毎日、練習してたら
あまりつかえず、すらすらと読めるようになってきました。


朗読を日課にして1年半以上がたち、ある変化に気づきました。
ときどきやってくるあの気分の落ち込みがなくなったことに。


白猫はウツ気質で、特に冬場は理由もなく落ち込むという日があります。
季節性ウツと言うらしいです。日光を浴びることで脳内に分泌される
セロトニンという安らぎホルモンが減るからだと言われています。


毎年2月頃が一番憂うつな時季ですが、今年はだいじょうぶでした。
科学的根拠はありませんが、白猫には効果があるみたいです。


これもまったく根拠のない持論ですが、
ウツってエネルギーの便秘みたいなもんじゃないのかな。
溜まったものを出してやればすっきりするのかも。


女の人はおしゃべりでストレスを発散すると言いますよね。
朗読なら相手がいなくても一人で発散できて便利です。
落語もいいかも^^


歌を歌うのもいいかもしれませんね。
よかったらごいっしょに(^▽^)


ゲッゲッ ゲゲゲのゲ〜♪

みんなで歌おう
 ゲゲゲのゲ〜♪
関連記事
[ 2012/06/28 05:42 ] 心と体 | CM(0)
  • EDIT 


  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/2828-6e69aa64