写真展「Beyond Fukushima -福島の彼方に」

RIMG0003.jpg


フォトジャーナリスト小原一真さんの写真展を見てきました。
福島第一原発事故の収束作業に携わる作業員27人のポートレートと
彼らへのインタビュー記事、原発敷地内の写真等が展示されています。


下請けで過酷な被曝労働をしている労働者の苦悩が伝わってくるようです。
「自分たちがなんとかしなければ」という思いもさることながら、
生活のため(他に仕事がない)という切実な問題があると知りました。


この猛暑の最中にも、防護服を着て収束作業に従事してくれている
作業員の方々のおかげで、あたりまえの日常が営めている。
こうした事実をもっと多くの人が知るべきだと思いました。


京都の人は関心が薄いのか、先日のデモも官邸前の人数には到底及ばず、
平日だったからか、ギャラリーも閑散としていました。


写真展は12日まで開催されています。
場所は四条烏丸、京都産業会館西向かいのギャラリーLittle houseです。
詳しくはこちら



RIMG0008.jpg



RIMG0011_20120802180802.jpg



RIMG0007_20120802180802.jpg
関連記事
[ 2012/08/03 05:04 ] 未分類 | CM(0)
  • EDIT 


  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/2865-9c260c83