病気の話ばかりするひと

仕事先のひとで、顔を合わせば病気の話ばかりする女性がいます。
最初は親身に聞いていましたが、会うたびに何度も同じ話をされるので
ほとほと疲れてきました。


病気の話ばかりしてたら本人も気が滅入るだろう思いますが、
病気の話をしているときの彼女はむしろ楽しそうに見えます。
聞いてるこちらはぐったり(^^;


もちろん見た目だけでは病気のつらさはわかりませんが、
そのかたの場合は多分に心因性の症状のように思われます。
その証拠に、お医者さんに診てもらっただけで安心して
症状がけろりと治まることがよくあります。


薬もたくさん飲まれていて、お医者さんから「あまり飲まんほうがええよ」
と言われたそうです。薬好き、お医者好きのかたです。


好きと言えば、ひとは嫌なことは進んでしませんから、たぶんそのかたは
病気の話をするのが好きなんだなと思っています。


でも病気の話ばかりしてると、無意識に自己暗示が働いて、
かえって病気になるような気がします。
じぶんの話をいつも聞いているのは当のじぶんだからです。
同じことを話すたびに暗示が深くなります。


病は気からとも言います。
白猫も心配性なので、じぶんで病気をこしらえないよう
話の内容には気をつけようと思いました。


「私何だか死なないような気がするんですよ」という言葉を残し、
98歳でお亡くなりになった作家の宇野千代さんが
深いい〜ことを書かれてました。


そのかたにも読ませてあげたいなあと思いましたが、
嫌味になるのでやめときました(^^;


  「幸福は幸福を呼ぶ」
関連記事
[ 2012/11/23 05:44 ] 心と体 | CM(2)
  • EDIT 


  • sunanekoさん こんにちは

    おかあさまもこのタイプですか。お気持ちお察しします。
    本人の話だけならまだしも、よそさんの病気の話まで
    聞かされたらたまりませんね(^^;

    通院同行で京大病院によく行くのですが、
    帰ってきたら疲れてぐったりしてしまいます。
    病院に行ったらよけい病気になりそうです(^^;笑
    [ 2012/11/23 12:20 ] [ 編集 ]

    おはようございます。お久しぶりです。

    お気持ち、よくわかります。うちの母がまったく同じです。
    もう高齢なので、そこそこ持病はあるものの、元気にすごしているんですが、
    行くたびに病気の話。それも人の病気の話です。
    となりのだれだれさんが、近所のだれだれさんが、知り合いのだれだれさんが、と、よくもそこまで人の病気で話ができるもんだと感心します。

    私も病気に関してはけっこう心配性で、人のお見舞いで病院に行っただけでぐったりしますので、とりこまれないように気をつけたいと思っています。
    [ 2012/11/23 06:52 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/2985-30636904