下地先生の不当逮捕に思うこと

大阪でがれき焼却反対の活動をされていた阪南大学のモジモジ先生こと
下地真樹先生が12月9日逮捕されたと言う記事を新聞で読みました。


事情が明らかになりしだいすぐに釈放されるだろうと思ってましたが、
いまだに拘留されたままだそうです。


罪状は威力業務妨害と不退去の容疑だそうです。
大阪駅前で下地先生が訴えかけをしている画像を見ましたが、
これの一体どこが違法なのかわかりません。


駅構内を通過しただけで逮捕とは( ̄□ ̄;)
「いつの時代の話やねん!?」と自分の目を疑ってしまいました。
がれき反対の声をあげただけで逮捕されたらたまりません。


一般庶民から表現の自由が奪われるかもしれないという一大事件なのに、
マスコミはなぜこの事件を社会問題としてとりあげないのでしょうか。


こんなことが公然と許される社会になったらこわいです。
ネットの書き込みだって規制されるかもしれません。


危機感を持った有志の方々(小出先生もです)が集まり、抗議活動をされてるようです。
下のきーこさんの記事に詳しく書かれています。下地先生の手紙もあります。


http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2654.html


マスコミに下地先生のことをとりあげてもらえるよう、みんなで訴えようと
きーこさんがテレビ、新聞各社の窓口を調べてくれました。(記事の最後)


http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2664.html


モジモジ先生が一日も早く釈放されますように。
関連記事
[ 2012/12/26 05:14 ] 未分類 | CM(0)
  • EDIT 


  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/3017-d778c081