猫に小判の檀林寺

P7243437.jpg


祇王寺の隣にあるお寺です。いつも前を通るだけでしたが初めて拝観してみました。
平安時代のはじめに嵯峨天皇の皇后さまが建てた由緒ある門跡寺院だそうですが、
境内は思ったよりこじんまりしていて拝観客もなくひっそりしていました。
本堂に飛鳥時代の仏像や弘法大師直筆の書、その他彫刻、絵画、工芸品など、
貴重な寺宝が展示されていました。

お寺のかたが親切ていねいに説明してくれはりましたが、
歴史物知らずの白猫は「ほぉ、ほぉ」とうなずくばかり。
猫に小判、いや、猫にお宝でした(^^ゞ笑


P7243427.jpg




P7243436.jpg

あまり撮るとこがなかったので、楓の間からお地蔵さんをのぞいてみました。ω ̄)



P7243435.jpg

後方の屋根が本堂。変わった造りで屋根のてっぺんに鳥がとまってます。
法宝閣造りと言うそうな。「ほぉ、ほぉ」




P7243430.jpg

小さな池があります。モリアオガエルがいるそうです。
こわがりなのか、人の足音がしただけで姿を隠すので、
お寺のかたもめったに見たことがないと話されてました。



P7243431.jpg

岩の右下の白いのがモリアオガエルの卵です。
受付けの女性がわざわざ池のところまで来て説明してくれましたが、
白猫は左上にとまってるお地蔵さんが気になりました。(^▽^)
関連記事
[ 2013/07/27 05:31 ] 京都寺社 | CM(0)
  • EDIT 


  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/3208-a30de518