猫の日おめでとう

IMG_3711.jpg


昨年末からミッキーさんの体調が思わしくなく、なにも食べなくなり10日以上たちました。
今日までなんとか命をつないでくれていますが、「もうだめかも」と何度も思いました。
強制給餌はしたくないと思ってましたが、目に見えて弱ってきたので、
昨日からペースト状のフードをポカリスエットで溶いたのを少しだけ
シリンジで口の中に入れてやってます。


少し元気が出たのか、一階から自力で二階まで上がってきたのを見てびっくりしました。
弱ってからは転落防止のため階段をひとりで昇り降りしないよう気をつけてましたが、
一階の猫番が居眠りしていたあいだのできごとでした。


写真は昨日のものです。
元気そうに見えますが、後ろ脚が弱ってふらふらしながら歩いてます。体もやせてガリガリです。
防火用水バケツの水が好きで夜中にも何度か飲みに行きます。おかげで寝不足です。笑
猫の介護もなかなかたいへんですが、世話ができるのは生きてるからこそと思い、
冬空の下、ひたすら春を待ちわびる毎日です。


と、ここまで書いたところで、家人がミッキーさんの右頬が腫れてると言い出しました。
白猫も上の写真を撮ったとき、なんか右頬がふくらんでるなあと感じましたが、
やせたから頬骨が浮き出てるのかなあと思ってました。


あらためて見てみると、左に比べて明らかに腫れてるようです。
動物病院へ直行し診てもらったら、歯根にばい菌が入り化膿して頬にまで
膿がたまっていました。歯根膿瘍と言うそうです。


麻酔をして針を刺し排膿してもらったら、どろどろの膿がどくどくと出てきて
その量の多さにびっくりしました。だいぶ前から少しずつ溜まってたようです。
処置後は化膿止めの抗生剤と痛み止めの注射をしてもらいました。


帰宅後、夕食の支度をしてるとミッキーさんがやってきたので、鶏肉をあげたら
ほんのちょっとだけですが食べられました。食べられない原因が老衰によるものでなく、
口内の痛みによるものだったとしたら、回復の可能性があるかもしれません。


あらためて先生の話を聞くと、心臓の肥大はそんなにひどくないそうで、
心雑音も初診のときよりよくなってるとのことでした。


爪を切ってもらいながら「これまで病気らしい病気をしたことがなくて、
お医者さんにもほとんどかかったことがなかったんですよ」と話すと、
「強いDNAを持ってますねぇ」と、先生も驚かれてました。


寿命ならしかたありませんが、まだ生きられるならこんな嬉しいことはありません。
冬空から、かすかに春の陽が差し込んできたような気持ちになりました。


ともあれ、猫の日(ミッキーさん仮の誕生日)おめでとう。


IMG_3706.jpg
関連記事
[ 2014/02/22 06:23 ] ミッキー | CM(5)
  • EDIT 


  • 羊おばさん

    今朝、少しだけですがカリカリを食べられました。
    ありがとうございます。


    名無しさん

    ほんとは歯を抜くといいんですが、
    高齢なのでむずかしいところです。
    ありがとうございます。
    [ 2014/02/23 10:58 ] [ 編集 ]

    ミッキーさん、お元気になられて良かったです。

    水分をちゃんととれているようだし、
    安心しました。
    [ 2014/02/23 10:23 ] [ 編集 ]

    ミッキーさん少しでも食べられて良かった!

    よく見つけてあげられましたね

    少し安心しました。

    知人の猫ちゃんは歯槽膿漏になって食べられなくなり

    歯を抜いて、歯茎でかんで食べているそうですよ

    早く良くなられること願っております。
    [ 2014/02/22 21:17 ] [ 編集 ]

    sunanekoさん

    ありがとうございます。
    痛みがひいて楽になったのか、今日はいつもの苦しそうな様子もなく、
    猫ベッドでしずかに寝てました。まだごはんは食べてくれませんが、
    給餌の効果か足も昨日よりはしっかりしてました。

    最近、血液検査をしてないのでわかりませんが、
    ミッキーさんも前より腎臓が弱ってるのか、
    おしっこが水みたいになってきました。

    あとどれくらい生きられるかわかりませんが、
    残された時間をだいじに過ごしたいと思います。

    くりちゃんも一日でも長く生きられますように。
    いっしょに春をむかえましょう。
    [ 2014/02/22 21:03 ] [ 編集 ]

    どきどきしながら読みました・・・
    ミッキーさん、無事でよかったです!

    うちの老猫くりも、どんどんご飯を食べなくなっており、今は点滴でつないでいます。
    もしかして、口の中が痛くて食べられないかも?と先日も先生に診てもらいましたが、やっぱり老化と腎臓の機能低下によるものらしいです。
    でも、ほんとうに「世話ができるのは生きてるからこそ」ですね。
    ミッキーさんが順調に快復することをお祈りいたしております。
    [ 2014/02/22 20:01 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/3357-d3bfd562