修練の落とし穴

20代の頃からヨーガや瞑想に興味を持ち教室や研修会に通ってたことがあります。
すわってする瞑想は思考が迷走するので、からだを動かすヨーガをすることにしました。
動きに合わせながらゆっくり呼吸をすると心が静まるのを感じました。
坐禅で言うところの調身・調息・調心です。

こうした修練は一時的に心を落ち着けてくれますが、じっくり行うにはそれなりに時間がかかりますし、
毎日続けなければあまり効果がありません。毎日しなければと思うとしんどくなってしまいますよね。
修練の落とし穴です。

もうひとつ思わぬ落とし穴があります。
熱心に修練すればするほど自我(エゴ)が強くなるということです。
なぜかと言うと、修練を"している"のは*自我だからです。

*ここではアイデンティティと表現されてます。

悟りを求めて努力すればするほど悟りから遠ざかる。
ということを悟らせてくれるムージの講話です。


関連記事
[ 2014/06/11 14:00 ] satorix | CM(0)
  • EDIT 


  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/3430-802054d1