いないもののように




          なにも残さず
          死んでゆく
          野良猫のように
          わたしは
          死にたい


          生まれて
          こなかった
          こどものように
          この世にいない
          もののように
          わたしは
          生きたい


          生まれることも
          死ぬこともない
          存在の深みで
          ねむりたい


          はじめから
          わたしはいなかった
          生と死は
          大いなる茶番だ


          物語に
          だまされてはいけない




関連記事
[ 2015/06/02 08:44 ] | CM(0)
  • EDIT 


  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/3628-7ef7a508