頭が"マタア"になる話

書くことがないないと言いながら、10年たったいまもまだ書いている。
実際はもっと前から書いてるので、我ながら「よぉやるなぁ」と思う。


「好きだから」と言うのもあるが、「ヒマだから」と言う事情も大いにある。しおしお。
ものの役にも立たんこと書いてんと、額に汗してもっと働きたまえ、と叱る自分がいる。
もっともだ。自分でも、こんなこと書いててなんになるん、と疑問に思うこともしばしばだ。


なんで書くのやろ。と自分に問うてみた。
やむにやまれず書いている、という言葉が浮かんだ。
苦しいとき、悲しいとき、思いの丈をノートにせっせと書いていた。
書くことで感情が浄化されるのか、書いたあとは幾分気持ちが楽になった。


そんなことなら、わざわざネット上で公開せんでもいいやんか。広告の裏にでも書いとけ。
と突っ込む自分がいる。もっともだ。読んだら頭が"マタア"になる精神世界の話なんか、
生きていくのになんの役にも立たへん。だれもそんなん興味ないわ。その証拠に、、


写真などを見て初めはちょくちょく訪問してくれていた読者さんも、読みすすめていくうちに、、
「この人ちょっとおかしぃんとちゃうか?!」と思うのか、いつのまにか離れていくことが少なくない。
去らずに見にきてくれてる読者さんは、変わりもん、もとい(^^ゞ奇特なおかたでありまする。るる。


なにが書きたいんか、わからんようになってきたが、今朝、寝起きに思ったことを書いてみる。
なぜ書くのか。書きたいから。なぜ書きたいのか。書きたいという思いが起きてくるから。
思わんとこうとしても、思いは勝手に湧いてくる。どもならん。


呼吸もそうだ。呼吸「する」と言うけど、呼吸は自然に起きてくる。
眠ってるとき、呼吸「している人」はいない。人が呼吸「されている」。
意識して呼吸を止めたら苦しくなる。死んでしもたら、どもならん。


「書く」と言う行為もそれと同じで、書くと言う現象がその人に起こっている。
書いてる人は、ほんとはいない。あらゆる事象は全体の表現であるからして
この文章も、ほんとは白猫が書いているのではない。云々。


ワケわからんやないか!


と、怒って去って行った読者がまた一人。笑


読者は自然に怒っている。もとい、


すべては自然に起こっている。


おあとがよろしいようで。んでん。
関連記事
[ 2015/06/16 16:15 ] satorix | CM(5)
  • EDIT 


  • ありがとうございます^ ^
    咲きはじめたら!また教えてください。
    [ 2015/06/17 13:37 ] [ 編集 ]

    立本寺の蓮

    13日に行ったときは少しだけ蕾が付いてましたが、
    花はまだ咲いてませんでした。
    [ 2015/06/17 12:59 ] [ 編集 ]

    お気遣いありがとうございます。
    ネットは世界中のどこからでも覗けることは承知しておりますので、
    さしさわりのないことしか書きませんので大丈夫です^ ^

    ところで、立本寺の蓮の具合はいかがでしょうか?
    [ 2015/06/17 10:33 ] [ 編集 ]

    私も若い頃は日記を書いてました。山ほどはなかったですけどね。その頃と精神的にはあまり変わってませんが、ものの見方は大分変わりました。ブログを書いてるあいだにも、いろいろ気づきがあって、書いてることも変わったなという気が自分ではしています。

    私も以前はよく花屋さんで鉢植えや苗を買って来て楽しんでました。
    ありがとうを一日千回唱えたり、笑、開運グッズなどもよく買いましたが、
    いまはそういうことにはまったく関心がなくなりました。

    sunanekoさんはスピテクなんかに頼らなくても、地に足を着けてしっかりと生きていかれるかただと思います。お二人のお世話たいへんと思いますが、上手に手抜き、息抜きして、できた時間で、ご自分の生活も楽しんでください。

    コメント、表示にさしさわりがあるようでしたら、非表示にもできますのでよかったら使ってください。書き込み窓下の管理者だけに表示を許可するにチェックを入れるだけです。その場合は返信なしでご容赦を。
    [ 2015/06/16 19:37 ] [ 編集 ]

    わかります(笑)
    私も書くことが好きです。
    叔母がなくなった際、後々の人が困るような物は捨てておこうと決心し、
    今、かたっぱしから捨ててるわけですが、先日、昔書いた日記の
    山が出てきました。だいたいはくだらないので捨てたのですが、
    一冊おもしろいのが出てきたので、残しておくことにしました。
    25年前、仕事をやめて小さい息子を育てながら、アタフタしている頃の
    一年間ほどの日記です。
    面倒みてるのが子供から年寄りにかわっただけで、今と現状は
    そっくりです。
    読んでみると、金がないといいながら、園芸店でわけのわからん苗を買ったり、
    マイナス思考は低級霊を呼ぶからやめた方がいいとか、
    考えていることが今と同じで、25年間ちっとも成長しとらんことがわかりました。
    生きてたら、また25年後に読むのもおもしろいと思って残しました。
    この日記は、お棺の中に入れてもらおう^ ^
    [ 2015/06/16 18:18 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/3640-f11d3067