誰のための在宅サービスか

訪問介護を利用しているお年寄りには在宅医療を受けているかたも少なくない。
介護や生活面のサポートはヘルパーが、医療面のサポートは医師や看護師が、
というふうに基本的にやるべきことは違うのだけれど、かぶる部分もある。


入浴介助はヘルパーも看護師もやるし、服薬管理、水分補給などはヘルパーも関与する。
一軒のお宅に複数のサービス業者が入っていると、在宅の現場が混乱する場合がある。
混乱しないようにチームをまとめるのがケアマネージャーの役割だ。


利用者さんの要望をもとに業者間の意見をとりまとめケアプランを作成するのが仕事だが、
医療側と意見が合わず調整に苦労しているケアマネさんがいた。「考えかたが合わない」と
憤慨しておられたが、そもそも医療と介護では目的が違うのだから無理もない。


医療は病気や症状の治療を目的としている(キュア)のに対して、介護は利用者が家で生活できるように
身体介護や家事援助をする(ケア)のが目的だ。問題は医療側の意識が在宅向けになっていないことだ。
指示される側の立場として感じるのは、医療側は利用者さんを管理しようという意識が強い。
違うところもあるかもしれないが、自分がいま関わっているところはそうだ。


利用者のことを考えてのことだとは思うが、自分の家なのにあれこれ管理されて、
「好きにさしてえな」と、げんなりしている利用者さんがいるのも事実だ。
入れかわり立ちかわり人が出入りして気が休まらないらしい。
「家は病院とちがいますよ」と言いたくなった。


正直な話、先が長くない高齢者にたくさんの薬を飲ませることに
意味があるんだろうか。本人は飲んでも効かんと言ってるのに。
「地獄です」と、長生きを嘆く言葉を何度も聞いている。


お迎えがなかなか来なくて苦しんでいるお年寄りや家族は世の中にたくさんいると思う。
点滴や経管栄養、胃ろう、などで肉体を生かせても、寝たままで自由も楽しみもなく、
生かされているのは本人にとって苦痛でしかないだろう。過剰な医療の介入は避けて、
穏やかに最期を迎える、看取りのための医療がいま必要とされている。


住み慣れた家で利用者が心穏やかに暮らせるように支援するのが、
在宅の介護や医療では最も優先されるべき目的ではないだろうか。
主役は介護者でも医療者でもなく、利用者だということを忘れないようにしたい。
関連記事
[ 2016/03/01 21:54 ] 介護 | CM(4)
  • EDIT 


  • オリーブさん

    ご主人様の再々の入院と看病おつかれさまです。
    ご主人様もおつらいでしょうが見守るほうもつらいですね。
    在宅医療のことは病院で聞いたら教えてくれると思います。
    週に何回か医師や看護師が来てくれます。不安に感じることがあれば、
    電話(24時間対応)で相談できますし、状況に応じて看護師や医師が
    往診してくれます。薬も薬剤師が家に持ってきてくれますよ。
    おだいじになさってください。
    [ 2016/03/03 11:34 ] [ 編集 ]

    寝たままで自由も楽しみもなく

    お早うございます!
    私も介助・在宅医療の意味が目に見えて解る年齢に達しました?
    いいえ・・・主人の病気の再再発で
    今は入院での治療中です。
    帰宅後の過ごし方・・・思案中です。
    [ 2016/03/03 09:40 ] [ 編集 ]

    以前子どもの付き添いで病院で寝泊まりしていたとき、
    収容所か刑務所みたいだなと感じたことがあります。
    特養などの介護施設も似たようなとこがありますね。
    認知症のかたの介護はむずかしいです。事故防止のため
    施設ではある程度の行動制限はしかたないのが実情です。
    穏やかな最期を迎えるにはどうしたらいいんでしょうね。
    認知症にならないよう祈るばかりです。
    [ 2016/03/03 09:06 ] [ 編集 ]

    よくわかります。
    私が関わっている叔父は、施設に入っています。
    叔父の部屋がある二階は、みんな認知症をわずらっており、
    徘徊防止のため、エレベーターも自由に使えないように
    なっています。
    確かにお世話は行き届いていて、ちょっとでも様子が違うと
    すぐに医者に連れていってもらえます。
    ですが、こんな書き方は申し訳ないのですが、「みんな生かされて
    しまっている」という感じが否めないのです。
    認知症で自分の意思がもてず、生き方も決められない。。。
    叔父は心臓がわるくなり、水分制限を受けています。
    もう体がお終いに向かっているので心臓も弱くなっているのではないかと
    思うと、こんな状態で寿命だけのばしても本当に叔父のためになっているのかと疑問です。
    今の長寿医療、転換期を迎えてきていると思います。
    [ 2016/03/02 08:31 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shironekoan.blog92.fc2.com/tb.php/3717-cb1f098c